図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

サイバー戦争 図解サイバーセキュリティ用語

柳条湖事件 9月18日に中国からサイバー攻撃を受ける理由

投稿日:2017年3月12日 更新日:

毎年9月18日の1週間前になると、様々な機関から「9月18日前後に中国からサイバー攻撃がある可能性がありますので注意してください」という通達がありますよね。実際に9月18日に中国からのサイバー攻撃によってWebサイトが改ざんされたり、サービスの停止の被害にあったりする企業がありました。ではなぜ9月18日に中国は日本にサイバー攻撃をするのでしょうか?

柳条湖事件

それは、9月18日に満州事変の原因ともなった柳条湖事件が起こったからです。1931年9月18日に日本が所有していた南満州鉄道の路線が爆破されました。これが発端に満州事変となりますが、実はこの爆破は中国軍の犯行としていましたが、実は日本軍が満州での軍事拡張をするための口実で実際は日本軍の自演自作だったようです。

これが背景で、過去毎年9月18日になると中国のIPアドレスから日本に対してサイバー攻撃が実行されます。最近は以前と比べると攻撃の規模が少なくなっているようですが、Webサイトが改ざんされて中国国家の思想を掲げたメッセージに書き換えられたりという被害が発生しています。

ですので、9月18日前後になったら、セキュリティ担当者は会社の監視体制を強化して万が一の際に対応できるような体制を整えておく必要があります。

広告

広告

-サイバー戦争, 図解サイバーセキュリティ用語


comment

関連記事

C2サーバ、C&Cとは 図解サイバーセキュリティ用語

C2サーバもしくはC&Cはコマンド&コントロールサーバの事です。C2サーバは攻撃者がユーザの端末に感染したマルウェアに対してコマンドを送信したり、マルウェア経由でユーザの端末のデータを受信したりする役 …

ソーシャルエンジニアリングとは

ソーシャルエンジニアリングとは、個人の情報や企業情報などをコンピュータやネットワーク経由で入手するのではなく、物理的な手段もしくは心理的な手段によって入手する事を言います。ソーシャルエンジニアリングは …

DNSリフレクション攻撃(DNSアンプ攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

DNSリフレクション攻撃もしくはDNSアンプ攻撃はDoS・DDoSの一種で、DNSの2つの特性を悪用した攻撃です。まず一つ目はDNSサーバは問い合わせに対して必ず回答を行う事(リフレクション)。もう一 …

CDoSとは 中国発信のDoS攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

CDoSとはChina DoSの略で、中国からのDoS攻撃の事を指します。この言葉が作られた理由は単純に中国からのDoS攻撃が多いからです。これは対日本に限ったわけではなくアメリカや東南アジア、欧州に …

UTM(Unified Threat Managemen)とは 図解サイバーセキュリティ用語

UTMとは複数のセキュリティ対策を1つのアプライアンスに集約することで、総合的にかつ統合的にセキュリティ対策を行うコンセプトの事を言います。もしくはそのようなアプライアンスの事を指します。 UTMに集 …