図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

サイバー戦争 図解サイバーセキュリティ用語

柳条湖事件 9月18日に中国からサイバー攻撃を受ける理由

投稿日:2017年3月12日 更新日:

毎年9月18日の1週間前になると、様々な機関から「9月18日前後に中国からサイバー攻撃がある可能性がありますので注意してください」という通達がありますよね。実際に9月18日に中国からのサイバー攻撃によってWebサイトが改ざんされたり、サービスの停止の被害にあったりする企業がありました。ではなぜ9月18日に中国は日本にサイバー攻撃をするのでしょうか?

柳条湖事件

それは、9月18日に満州事変の原因ともなった柳条湖事件が起こったからです。1931年9月18日に日本が所有していた南満州鉄道の路線が爆破されました。これが発端に満州事変となりますが、実はこの爆破は中国軍の犯行としていましたが、実は日本軍が満州での軍事拡張をするための口実で実際は日本軍の自演自作だったようです。

これが背景で、過去毎年9月18日になると中国のIPアドレスから日本に対してサイバー攻撃が実行されます。最近は以前と比べると攻撃の規模が少なくなっているようですが、Webサイトが改ざんされて中国国家の思想を掲げたメッセージに書き換えられたりという被害が発生しています。

ですので、9月18日前後になったら、セキュリティ担当者は会社の監視体制を強化して万が一の際に対応できるような体制を整えておく必要があります。

広告

広告

-サイバー戦争, 図解サイバーセキュリティ用語


comment

関連記事

ビジネスメール詐欺(BEC)とは? 図解サイバーセキュリティ用語 

IPAが偽口座への送金を促すビジネスメール詐欺への注意喚起を行っています。ビジネスメール詐欺はBECとも言われており、BECはBusiness Email Compromiseの略です。このビジネスメ …

サイバーデセプション(Cyber Deception)とは おとりを使った攻めのセキュリティ

デセプションとは「だます」「欺く」という意味があります。サイバーデセプション(Cyber Deception)とは攻撃者をだます事を意味しており、ある工夫によってサイバー攻撃者を騙して攻撃者の情報を収 …

POPとIMAPの違い。どちらを選べばいいの? 図解サイバーセキュリティ用語

メールの受信・閲覧方法にはPOPとIMAPという2種類があります。皆さんが自宅のパソコンでメールを見ている場合は大体がPOPという方法でメールを受信しています。一方でスマホなどのデバイスでメールを見る …

標的型攻撃とATP攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

標的型攻撃とは、攻撃者がある特定のターゲットを決めて攻撃することを言います。つまり、攻撃者は明確な目的を持ってターゲットを絞り攻撃するのです。目的には様々あると思いますが、例えばある特定の会社の機密情 …

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)とは 図解サイバーセキュリティ用語

WAFはWeb Application Firewallの略で、Webサービスを攻撃から保護するためのシステムです。WAFはHTTP通信を分析して、悪意のあるコマンドやパラメータを含む通信をブロックし …