図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

クロスサイトリクエストフォージェリ (CSRF) 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月12日 更新日:

クロスサイトリクエストフォージェリ (CSRF)は、一般ユーザが知らない間にサイバー攻撃に加担してしまう事で、攻撃者がターゲットに対して間接的に攻撃を行う事ができます。クロスサイトリクエストフォージェリ (CSRF)では複数の正規Webサイト、悪意のあるウェブサイトを利用してターゲットを攻撃します。

クロスサイトリクエストフォージェリ (CSRF)の仕組み

攻撃者はまず脆弱性のある正規のWebサイトを探して、そこに悪意のあるLinkを埋め込みます。一般ユーザが偶然その正規Webサイトにアクセスし悪意のあるLinkをクリックすると悪意のあるWebサイトにリダイレクトします(攻撃者がiframeを利用している場合は、正規Webサイトのコンテンツにアクセスしているようで、実はすでに悪意のあるWebサイトにアクセスしている場合もある)。

クロスサイトリクエストフォージェリの解説

リダイレクトされた悪意のあるWebサイトで攻撃用ソフトがユーザのPC(もしくはブラウザのプラグイン)にダウンロードされます。そして、そのPCからターゲットのサーバに対して不正な書き込みやアクセスが実行されてしまうのです。もちろん一般ユーザは何もしていませんが、ある意味攻撃者と思われてしまう場合もあります。攻撃者から見れば直接ターゲットに攻撃していませんので、捕まるリスクも低いのです。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

二要素認証 図解サイバーセキュリティ用語

二要素認証とは以下の特徴を持つ要素(情報)の中から2つの要素を利用した認証方法です。 ユーザが知っている情報(Something you know) ユーザが持っている情報(Something you …

SSLサーバ証明書とは 図解サイバーセキュリティ用語

SSLサーバ証明書は、クライアントとサーバ間で行う暗号化通信に必要な鍵やWebサイトの所有者情報などを含む電子証明書です。SSLサーバ証明書を利用することによって、以下の2つの目的を達成します。 We …

no image

メルトダウンとスペクター、CPUの脆弱性

インテル系のCPUに脆弱性が見つかりました。それらはメルトダウンとスペクターと名付けられています。メルトダウンとスペクターの脆弱性は、アプリケーションが他のアプリケーションで利用しているメモリ領域を読 …

DNSキャッシュポイズニング 図解サイバーセキュリティ用語

DNSキャッシュポイズニングとはDNSサーバのキャッシュ情報に不正なIPとそのホスト名を挿入することによって、ユーザを不正なホスト名を持つウェブサイトに誘導する攻撃を指します。最終的な目的は、その誘導 …

タイポスクワッティングとは?

タイポスクワッティングとは、ユーザがWebブラウザにURLを入力する際の打ち間違いを利用して、ユーザを悪意のあるWebサイトに誘導する手法の事を言います。タイポスクワッティングは英語でtyposqua …