図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

CISO(最高情報セキュリティ責任者)とは?

投稿日:

CISOとはChief Information Security Officerの略で、最高情報セキュリティ責任者の事を言います。CISOは一般的に執行役員レベルのポジションで企業の情報セキュリティに関する責任を負います。CISOは会社のセキュリティの向上を図るべく、セキュリティ技術の導入・セキュリティ教育・セキュリティポリシーの策定・セキュリティインシデントの統率・混っぷライアンスや法令の遵守などに関して責任を持ちます。

CISOは比較的最近になって認知された役職です。それまではCIO(Chief Information Officer)という最高情報責任者がIT全般の担当役員としてセキュリティに関する事も兼任している事が多かったです。

CISOとは

しかしながら、セキュリティはシステムやネットワーク上の技術セキュリティだけではなく、機密情報・個人情報の保護やコンプライアンス・監査対応・法令遵守としてのセキュリティ対策も必要となっており、CIOでは対応できない分野が増えてきました。そこで、CISOという役職を設置して、CIOとは別にセキュリティ専門の役員を設置する事でセキュリティの強化を図る企業が増えています。

CISOを設置始めたばかりの企業の多くの場合は、CISOはCIOにレポート(報告)します。つまり、CISOの上司はCIOになるわけです。この場合はセキュリティに関しての投資よりITインフラに対しての投資が大きくなる傾向にあります。

CISOとは

会社内でセキュリティの重要性が判ってくると、CISOはCEO(Chief Executive Officer)に直接レポートするようになります。つまりCIOとCISOがほぼ並列のポジションとなります。こうする事でITインフラを強化するために積極的に新しい事がしたいCIOとセキュリティを守るためのルールを強化したいCISOとでバランスが取れるようになります。

CISOとは

ただ、実際には常に上下関係が存在していて、それは企業によって様々です。例えば、CEOの次に偉いのはCOO(Chief Operation Officer)であることが多いです。ですので、CIOもCISOもCOOに対してマトリックスでレポートする場合があります。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

マルウェア、ウィルス、ワーム、トロイの木馬、ランサムウェア これらの違いは? 図解サイバーセキュリティ用語

最近は新聞にもよくマルウェアやウィルスなどの言葉が載っているので、マルウェアやウィルスが何者かのかはご存知だと思いますが、マルウェアとウィルスの違いを知っていますか?ちなみに、それ以外の言葉でワームと …

レインボーテーブル(Rainbow Table)とは

レインボーテーブルとは、パスワードを解析するための総当たり攻撃を高速化するために、すべてのパスワード候補(文字列)に対するハッシュ値をあらかじめ計算して表にしたものです。このレインボーテーブルはパスワ …

IoC(Indicator of Compromise)とは?

IOCとは?東京オリンピックではなく・・・

IOCと言うと多くの方がオリンピックを主催するInternational Olympic Committeeの事を思いつくと思いますが、セキュリティの世界ではIOCは違う意味があります。もっともIOC …

諜報活動はOSINT、SIGINT、HUMINTの3種類が基本 図解サイバーセキュリティ用語

サイバー空間上の諜報活動にはOSINT、SIGINT、HUMINTの3つの種類があります。これらは元々軍事用語として利用されていましたが、現在のサイバー空間上の諜報活動は戦争での諜報活動と同じように行 …

職務分掌・職務分離とは?

職務分掌とは部署や役職ごとに必要な責任や権限を明確にして定義する事を言います。職務分掌と似たような言葉に職務分離があります。ほぼ同じ意味ですが、職務分掌は人事要素が強い一方で職務分離にはコンプライアン …