図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

CISO(最高情報セキュリティ責任者)とは?

投稿日:

CISOとはChief Information Security Officerの略で、最高情報セキュリティ責任者の事を言います。CISOは一般的に執行役員レベルのポジションで企業の情報セキュリティに関する責任を負います。CISOは会社のセキュリティの向上を図るべく、セキュリティ技術の導入・セキュリティ教育・セキュリティポリシーの策定・セキュリティインシデントの統率・混っぷライアンスや法令の遵守などに関して責任を持ちます。

CISOは比較的最近になって認知された役職です。それまではCIO(Chief Information Officer)という最高情報責任者がIT全般の担当役員としてセキュリティに関する事も兼任している事が多かったです。

CISOとは

しかしながら、セキュリティはシステムやネットワーク上の技術セキュリティだけではなく、機密情報・個人情報の保護やコンプライアンス・監査対応・法令遵守としてのセキュリティ対策も必要となっており、CIOでは対応できない分野が増えてきました。そこで、CISOという役職を設置して、CIOとは別にセキュリティ専門の役員を設置する事でセキュリティの強化を図る企業が増えています。

CISOを設置始めたばかりの企業の多くの場合は、CISOはCIOにレポート(報告)します。つまり、CISOの上司はCIOになるわけです。この場合はセキュリティに関しての投資よりITインフラに対しての投資が大きくなる傾向にあります。

CISOとは

会社内でセキュリティの重要性が判ってくると、CISOはCEO(Chief Executive Officer)に直接レポートするようになります。つまりCIOとCISOがほぼ並列のポジションとなります。こうする事でITインフラを強化するために積極的に新しい事がしたいCIOとセキュリティを守るためのルールを強化したいCISOとでバランスが取れるようになります。

CISOとは

ただ、実際には常に上下関係が存在していて、それは企業によって様々です。例えば、CEOの次に偉いのはCOO(Chief Operation Officer)であることが多いです。ですので、CIOもCISOもCOOに対してマトリックスでレポートする場合があります。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

ワンクリック詐欺は無視する事が一番良い

ワンクリック詐欺とは、WebサイトにアクセスするとそのWebページに「申し込み完了」のような言葉と数万円ほどの「利用料金」を表示して、あたかもユーザがサービスの契約を終えてサービスを利用しているかのよ …

デジタルタトゥーとは?

デジタルタトゥーとは、インターネット上で公開されたり流出した個人情報などは、後から消すことが極めて難しい事を入れ墨に例えた表現です。もしかするとインターネット上で拡散した情報を消すより入れ墨を消す方が …

no image

危険なパスワード2017

調査会社のSplashDataが2017年の危険なパスワード100「Worst Passwords of 2017 Top 100」を公開しました。ひとまずランキング1位から10位を紹介します。 Ra …

IoC(Indicator of Compromise)とは?

IOCとは?東京オリンピックではなく・・・

IOCと言うと多くの方がオリンピックを主催するInternational Olympic Committeeの事を思いつくと思いますが、セキュリティの世界ではIOCは違う意味があります。もっともIOC …

ソーシャルエンジニアリングとは

ソーシャルエンジニアリングとは、個人の情報や企業情報などをコンピュータやネットワーク経由で入手するのではなく、物理的な手段もしくは心理的な手段によって入手する事を言います。ソーシャルエンジニアリングは …