図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

デジタルタトゥーとは?

投稿日:

デジタルタトゥーとは、インターネット上で公開されたり流出した個人情報などは、後から消すことが極めて難しい事を入れ墨に例えた表現です。もしかするとインターネット上で拡散した情報を消すより入れ墨を消す方が簡単かもしれません。そのくらい、一旦インターネット上で拡散した情報を消すことは不可能に近いです。

例えば、悪意のあるユーザが掲示板サイトやSNSで嫌いな人の悪口と共にその人に関するウソの情報(犯罪履歴など)と本物の個人情報を書き込んだとしましょう。その悪意のあるユーザは最初は、気晴らし気分で掲示板サイトやSNSに他人の個人情報などを書き込みましたが、後から罪悪感にみまわれてその書き込みを消すことにしました。

しかしながら、その間に多くのインターネットユーザがその掲示板サイトやSNSを見ており、書き込まれていた個人情報などを他のWebサイトにコピーして書き込んでいました。これが何十回、何百回と繰り返されるとインターネットのあらゆる場所にその人の悪口と個人情報が存在する事になります。

デジタルタトゥーとは?

先ほどの悪意のあるユーザはインターネット上に拡散された情報を削除する事はできません。個人情報を書き込まれたWebサイトの管理者に依頼して1つ1つ削除する事は可能ですが、多くのインターネットユーザが多数のWebサイトに情報をコピーしているのでそれらの全てを探すことは物理的に不可能です。つまり、一度インターネット上に拡散した情報は消すことができないのです。

そして、また厄介な事にインターネット上のユーザがこれらの情報に手を加えて、悪質な情報を追加したりして別の掲示板やSNSに書き込みます。ですので、個人情報を勝手に流出された被害者はプライバシーの侵害とともに、名誉棄損などの2重(もしくはそれ以上)の被害を受ける事になります。最近フェイクニュース(Fake News)と言う言葉が流行っていると思いますが、デジタルタトゥーもフェイクニュースも一度インターネット上で拡散したら、みんな信じてしまい訂正することが非常に困難であるという特徴は同じです。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

フィッシングメールとは 図解サイバーセキュリティ用語

最近良く聞く言葉の1つにフィッシングという言葉があります。会社でもセキュリティ部からアナウンスがあって「最近フィッシングメールが流行していますので、怪しいメールは絶対に開かないようにしてください。」と …

fiewall

Firewall(ファイアウォール)とは、パケットフィルタリングとアプリケーションゲートウェイ

Firewall(ファイアウォール)は日本語だと防火壁の事で、火の侵入を防いで火事が拡大することを防ぐ壁の事を言います。コンピュータの世界ではFirewall(ファイアウォール)は外部の不正な通信や攻 …

諜報活動はOSINT、SIGINT、HUMINTの3種類が基本 図解サイバーセキュリティ用語

サイバー空間上の諜報活動にはOSINT、SIGINT、HUMINTの3つの種類があります。これらは元々軍事用語として利用されていましたが、現在のサイバー空間上の諜報活動は戦争での諜報活動と同じように行 …

DNSキャッシュポイズニング 図解サイバーセキュリティ用語

DNSキャッシュポイズニングとはDNSサーバのキャッシュ情報に不正なIPとそのホスト名を挿入することによって、ユーザを不正なホスト名を持つウェブサイトに誘導する攻撃を指します。最終的な目的は、その誘導 …

認証と認可の違いとは?

ITの世界では頻繁に「認証」と「認可」という言葉を利用します。特にIAM(Identity Access Management)の分野でこれらの言葉は区別して利用されています。一般ユーザからすると「認 …