図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

フォレンジックとは?

投稿日:

フォレンジックとは法医学や科学調査という意味で、コンピュータの世界ではセキュリティ事故・事件やサイバー攻撃の発生後に原因を調査するためにコンピュータのメモリやハードディスクおよび各デバイスのログを解析して原因を追究する作業の事を言います。フォレンジックは英語ではforensicsと記載しますので、実際はフォレンジクスが正しいですが、日本では最後の「ス」を省略して読んでいます。コンピュータ上のフォレンジックと法医学・科学調査と区別するために、コンピュータフォレンジックやデジタルフォレンジックと呼ぶ場合が多いです。また、サイバー攻撃の調査の場合はサイバーフォレンジックと呼んでサービスを提供しているベンダーもいます。ここでは、サイバー攻撃に対してのフォレンジックについて説明します。

サイバーフォレンジック

サイバーフォレンジック(サイバーフォレンジクス)の目的はサイバー攻撃の攻撃元と攻撃先を特定し、攻撃手法を分析する事で影響範囲を特定して解決に向けての情報をCSIRTやセキュリティ担当者に提供する事です。一般的なフォレンジックの場合は1つのデバイスのハードディスクやメモリーを解析して、原因を特定しますが、サイバーフォレンジックの場合は1つのデバイスだけではなく、そのデバイスが通信した他のデバイスやネットワーク機器などのログを調査して、相関分析を行います。

例えば、あるユーザの端末がマルウェアに感染して外部のC2サーバと通信を行っている事が判明したとしましょう。その場合はマルウェアを解析するためにユーザの端末のフォレンジックを行う必要もありますが、攻撃元を特定したりどのようなデータが送信されたのかを確認するためにもユーザ端末がアクセスしたプロキシサーバや認証サーバそしてインターネットとユーザの端末間に位置しているネットワークデバイス(Firewall、スイッチなど)やセキュリティデバイス(IDS、IPSなど)のログを相関分析します。そうする事で、サイバー攻撃の全体像が見えてきます。

サイバーフォレンジックとは?

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

異常検知 シグネチャ検知とアノマリー検知 図解サイバーセキュリティ用語

マカフィーやシマンテックなどのウィルス対策ソフトやSourceFireなどのIDS/IPS製品では異常検知を行う事によって、不正なトラフィックや悪意のあるコマンドを検知しています。異常検知には主にシグ …

データダイオードとは?

データダイオードとは データダイオード(Data Diode)とはネットワーク上でデータを一方向(片方向)のみの通信を実現させるためのアプライアンスの事を言います。一般的にFirewallはOSI参照 …

サイバーデセプション(Cyber Deception)とは おとりを使った攻めのセキュリティ

デセプションとは「だます」「欺く」という意味があります。サイバーデセプション(Cyber Deception)とは攻撃者をだます事を意味しており、ある工夫によってサイバー攻撃者を騙して攻撃者の情報を収 …

アドウェア(Adware)とは?

アドウェア(Adware)とは、ブラウザのツールバーに組み込まれたり、OSのスタートアップに登録されたりして勝手に広告のポップアップ画面などを表示するプログラムの事を言います。アドウェアの多くは広告を …

SYN Flood:TCP接続の3ウェイハンドシェークのSYNパケットを偽装

SYN FloodはDoS攻撃の1つです。この攻撃はTCP接続の3ウェイハンドシェークの最初のSYNパケットを偽装することで始まります。どのように偽装するかというと、SYNパケットの送信元IPを攻撃者 …