図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

フォレンジックとは?

投稿日:

フォレンジックとは法医学や科学調査という意味で、コンピュータの世界ではセキュリティ事故・事件やサイバー攻撃の発生後に原因を調査するためにコンピュータのメモリやハードディスクおよび各デバイスのログを解析して原因を追究する作業の事を言います。フォレンジックは英語ではforensicsと記載しますので、実際はフォレンジクスが正しいですが、日本では最後の「ス」を省略して読んでいます。コンピュータ上のフォレンジックと法医学・科学調査と区別するために、コンピュータフォレンジックやデジタルフォレンジックと呼ぶ場合が多いです。また、サイバー攻撃の調査の場合はサイバーフォレンジックと呼んでサービスを提供しているベンダーもいます。ここでは、サイバー攻撃に対してのフォレンジックについて説明します。

サイバーフォレンジック

サイバーフォレンジック(サイバーフォレンジクス)の目的はサイバー攻撃の攻撃元と攻撃先を特定し、攻撃手法を分析する事で影響範囲を特定して解決に向けての情報をCSIRTやセキュリティ担当者に提供する事です。一般的なフォレンジックの場合は1つのデバイスのハードディスクやメモリーを解析して、原因を特定しますが、サイバーフォレンジックの場合は1つのデバイスだけではなく、そのデバイスが通信した他のデバイスやネットワーク機器などのログを調査して、相関分析を行います。

例えば、あるユーザの端末がマルウェアに感染して外部のC2サーバと通信を行っている事が判明したとしましょう。その場合はマルウェアを解析するためにユーザの端末のフォレンジックを行う必要もありますが、攻撃元を特定したりどのようなデータが送信されたのかを確認するためにもユーザ端末がアクセスしたプロキシサーバや認証サーバそしてインターネットとユーザの端末間に位置しているネットワークデバイス(Firewall、スイッチなど)やセキュリティデバイス(IDS、IPSなど)のログを相関分析します。そうする事で、サイバー攻撃の全体像が見えてきます。

サイバーフォレンジックとは?

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

サイバー保険とは? 日本におけるサイバー保険の現状 図解サイバーセキュリティ用語

少し前まではサイバー攻撃は映画やドラマの中で行われる、めったにない事件という認識があり、時々ニュースになると非常に驚いていたと思います。しかしながら最近ではサイバー攻撃は毎日のように発生しており、誰も …

フィッシングメールとは 図解サイバーセキュリティ用語

最近良く聞く言葉の1つにフィッシングという言葉があります。会社でもセキュリティ部からアナウンスがあって「最近フィッシングメールが流行していますので、怪しいメールは絶対に開かないようにしてください。」と …

ディープウェブ、ダークウェブって何? 図解サイバーセキュリティ用語

インターネット上では様々な情報を収集することができますが、良い情報ばかりではありません。インターネットは犯罪者が違法な情報(他人のクレジットカードや個人情報など)や物(麻薬や武器など)を売買するための …

第5の戦場、サイバー空間 図解サイバーセキュリティ用語

戦争の歴史は「陸」での争いに始まり船で「海」で各地に進出し、戦闘機で「空」を制覇することで進化を遂げていきました。ここまでを第1の戦場、第2の戦場、第3の戦場と呼んでいました。最近では第4の戦場として …

CISO(最高情報セキュリティ責任者)とは?

CISOとはChief Information Security Officerの略で、最高情報セキュリティ責任者の事を言います。CISOは一般的に執行役員レベルのポジションで企業の情報セキュリティに …