図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

SYN Flood:TCP接続の3ウェイハンドシェークのSYNパケットを偽装

投稿日:2017年3月12日 更新日:

SYN FloodはDoS攻撃の1つです。この攻撃はTCP接続の3ウェイハンドシェークの最初のSYNパケットを偽装することで始まります。どのように偽装するかというと、SYNパケットの送信元IPを攻撃者(送信元)のIPを指定するのではなく、全く関係のないサーバのIPを指定します。そうすることでなぜ攻撃ターゲットのサーバを攻撃することができるのでしょうか?

SYN Flood攻撃の説明

まず、送信元IPを詐称したSYNをターゲットに送信します。そうすると、ターゲットは送信元にSYN, ACKを返します。送信元IPは詐称されていますので、ターゲットが送信したSYN, ACKは全く関係のない詐称されたIPを持つサーバに送信されます。SYN, ACKを受信したそのサーバはどうするでしょうか?

SYN Flood攻撃の解説

SYN, ACKを受信したサーバはそもそもSYNを送信していませんので、受信したSYN, ACKを不正なパケットとみなして、なにもしません。一方でターゲットサーバはSYN, ACKを送信後にACKの返事を待ちます。その際に必要なセッションを確保する必要があり、ターゲットのリソースを消費してしまいます。これがSYN Flood攻撃の目的です。ほかのDoS攻撃と同様に、ターゲットサーバはリソースを枯渇して通常の通信に遅延が発生したり、ダウンする場合があります。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語


comment

関連記事

標的型攻撃とATP攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

標的型攻撃とは、攻撃者がある特定のターゲットを決めて攻撃することを言います。つまり、攻撃者は明確な目的を持ってターゲットを絞り攻撃するのです。目的には様々あると思いますが、例えばある特定の会社の機密情 …

DNSキャッシュポイズニング 図解サイバーセキュリティ用語

DNSキャッシュポイズニングとはDNSサーバのキャッシュ情報に不正なIPとそのホスト名を挿入することによって、ユーザを不正なホスト名を持つウェブサイトに誘導する攻撃を指します。最終的な目的は、その誘導 …

サイバーデセプション(Cyber Deception)とは おとりを使った攻めのセキュリティ

デセプションとは「だます」「欺く」という意味があります。サイバーデセプション(Cyber Deception)とは攻撃者をだます事を意味しており、ある工夫によってサイバー攻撃者を騙して攻撃者の情報を収 …

第5の戦場、サイバー空間 図解サイバーセキュリティ用語

戦争の歴史は「陸」での争いに始まり船で「海」で各地に進出し、戦闘機で「空」を制覇することで進化を遂げていきました。ここまでを第1の戦場、第2の戦場、第3の戦場と呼んでいました。最近では第4の戦場として …

データダイオードとは?

データダイオードとは データダイオード(Data Diode)とはネットワーク上でデータを一方向(片方向)のみの通信を実現させるためのアプライアンスの事を言います。一般的にFirewallはOSI参照 …