図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

SYN Flood:TCP接続の3ウェイハンドシェークのSYNパケットを偽装

投稿日:2017年3月12日 更新日:

SYN FloodはDoS攻撃の1つです。この攻撃はTCP接続の3ウェイハンドシェークの最初のSYNパケットを偽装することで始まります。どのように偽装するかというと、SYNパケットの送信元IPを攻撃者(送信元)のIPを指定するのではなく、全く関係のないサーバのIPを指定します。そうすることでなぜ攻撃ターゲットのサーバを攻撃することができるのでしょうか?

SYN Flood攻撃の説明

まず、送信元IPを詐称したSYNをターゲットに送信します。そうすると、ターゲットは送信元にSYN, ACKを返します。送信元IPは詐称されていますので、ターゲットが送信したSYN, ACKは全く関係のない詐称されたIPを持つサーバに送信されます。SYN, ACKを受信したそのサーバはどうするでしょうか?

SYN Flood攻撃の解説

SYN, ACKを受信したサーバはそもそもSYNを送信していませんので、受信したSYN, ACKを不正なパケットとみなして、なにもしません。一方でターゲットサーバはSYN, ACKを送信後にACKの返事を待ちます。その際に必要なセッションを確保する必要があり、ターゲットのリソースを消費してしまいます。これがSYN Flood攻撃の目的です。ほかのDoS攻撃と同様に、ターゲットサーバはリソースを枯渇して通常の通信に遅延が発生したり、ダウンする場合があります。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語


comment

関連記事

図解:共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式

共通鍵暗号方式 共通鍵暗号方式は、暗号化する鍵と復号する鍵に同じ鍵を使います。つまり、データを暗号化するユーザと暗号化したデータを受け取って復号するユーザは同じ共通鍵を持っている必要があります。 共通 …

異常検知 シグネチャ検知とアノマリー検知 図解サイバーセキュリティ用語

マカフィーやシマンテックなどのウィルス対策ソフトやSourceFireなどのIDS/IPS製品では異常検知を行う事によって、不正なトラフィックや悪意のあるコマンドを検知しています。異常検知には主にシグ …

レッドチーム(Red Team)とブルーチーム(Blue Team) 図解サイバーセキュリティ用語

最近、レッドチーム演習というサービスが流行っています。いくつかのセキュリティ専門ベンダーやコンサルタント会社が企業にたいしてレッドチーム演習を提供していることが、IT系のWebメディアで伝えられていま …

IoC(Indicator of Compromise)とは?

IOCとは?東京オリンピックではなく・・・

IOCと言うと多くの方がオリンピックを主催するInternational Olympic Committeeの事を思いつくと思いますが、セキュリティの世界ではIOCは違う意味があります。もっともIOC …

ウォードライビングとは?

ウォードライビング(Wardriving)とは、自動車や自転車で移動しながら無線LANのアクセスポイント(AP)を探して記録する事を言います。ウォードライビングは許可されていない無線LANにアクセスす …