図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

SYN Flood:TCP接続の3ウェイハンドシェークのSYNパケットを偽装

投稿日:2017年3月12日 更新日:

SYN FloodはDoS攻撃の1つです。この攻撃はTCP接続の3ウェイハンドシェークの最初のSYNパケットを偽装することで始まります。どのように偽装するかというと、SYNパケットの送信元IPを攻撃者(送信元)のIPを指定するのではなく、全く関係のないサーバのIPを指定します。そうすることでなぜ攻撃ターゲットのサーバを攻撃することができるのでしょうか?

SYN Flood攻撃の説明

まず、送信元IPを詐称したSYNをターゲットに送信します。そうすると、ターゲットは送信元にSYN, ACKを返します。送信元IPは詐称されていますので、ターゲットが送信したSYN, ACKは全く関係のない詐称されたIPを持つサーバに送信されます。SYN, ACKを受信したそのサーバはどうするでしょうか?

SYN Flood攻撃の解説

SYN, ACKを受信したサーバはそもそもSYNを送信していませんので、受信したSYN, ACKを不正なパケットとみなして、なにもしません。一方でターゲットサーバはSYN, ACKを送信後にACKの返事を待ちます。その際に必要なセッションを確保する必要があり、ターゲットのリソースを消費してしまいます。これがSYN Flood攻撃の目的です。ほかのDoS攻撃と同様に、ターゲットサーバはリソースを枯渇して通常の通信に遅延が発生したり、ダウンする場合があります。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語


comment

関連記事

タイポスクワッティングとは?

タイポスクワッティングとは、ユーザがWebブラウザにURLを入力する際の打ち間違いを利用して、ユーザを悪意のあるWebサイトに誘導する手法の事を言います。タイポスクワッティングは英語でtyposqua …

リスクの保有・低減・回避・移転

リスクとは被害を被る可能性の事です。ITではリスクは脆弱性・脅威・情報資産の3つの組み合わせによって表現する事ができ、その発生頻度や影響度によってリスクに対する対策が変わってきます。リスク対策として4 …

ハッシュ関数、MD5とSHAとは?

ハッシュ関数とは、あるデータをインプットとしてそのデータを要約する16進数の数列を生成する関数の事を言います。ハッシュ関数はデータ固有の値(ハッシュ値)を生成しますので、データが違うとそのハッシュ値も …

C2サーバ、C&Cとは 図解サイバーセキュリティ用語

C2サーバもしくはC&Cはコマンド&コントロールサーバの事です。C2サーバは攻撃者がユーザの端末に感染したマルウェアに対してコマンドを送信したり、マルウェア経由でユーザの端末のデータを受信したりする役 …

脅威・脆弱性・情報資産そしてリスク 図解サイバーセキュリティ用語

リスク分析を行う際によるあるのが、リスクと脅威・脆弱性をごっちゃ混ぜにして考えてしまい、それぞれの定義を勘違いしてしまうことです。ここでは、リスクとは何か?そしてリスクを構成する要因(脅威・脆弱性・情 …