図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

PDoS(Permanent Denial of Service)とは?

投稿日:

PDoSとはPermanent Denial of Serviceの略で、サービスを不能にする事以上にハードウェアを破壊する事によって永久にサービスを不能にする事を目的としている攻撃の手法の事を言います。PDoSの事をPhlashing(フラッシング)と言う場合もあります。最近MiraiというIoTデバイスに特化したマルウェアが流行していますが、そのMiraiに対抗したBrickerBotという新しいマルウェアが発見されています。

Miraiの場合は感染したIoTデバイスを長く悪用し続けるのが特徴で、IoTデバイスそのものに被害を与えるのではなく、IoTデバイスを利用して他のターゲットに攻撃をかける事を目的としています。一方でBrickerBotの目的は乗っ取ったIoTデバイスのストレージを破壊する事を目的としているのが、Miraiと全く違う特徴です。ちなみに、BrickerBotの作成者はBrickerBotはMiraiを破滅させる事を目的としていますが、本意は不明です。

PDoS攻撃の仕組み

Miraiの場合

Miraiの目的はターゲットに対してDDoS攻撃を行う事です。ですので、IoTデバイスに感染してターゲットにDDoS攻撃を実行するタイミングを待ち、攻撃者からの命令を基に一斉に攻撃を開始します。

Miraiボットネットとは

MiraiボットネットとはBrickerBotの動作(PDoS)

BrickerBotのIoTデバイスへの感染方法はMiraiとほぼ同じで、TelnetでIoTデバイスにアクセスしてブルートフォース攻撃でログインを試みます。

PDoS攻撃とは?

しかし、感染後はそのIoTデバイスに対してストレージを破壊したりするなどの行為を行ってIoTデバイスを破壊します。

PDoS攻撃とは?

BrickerBotのようにPDoS攻撃を受けたIoTデバイスは、再起動しても動作せず、工場出荷状態に戻すためのスイッチ等を利用しても復旧できないようです。

PDoS攻撃への対策

BrickerBotのようなPDoS対策はMiraiの対策とほぼ同じで、以下のような対策が必要となります。

  • IoTデバイスの初期パスワードを変更して、複雑なパスワードを設定する。
  • IoTデバイスのTelnet機能を無効にする。

個人のユーザの場合は上記2点しか対応できないと思われますが、企業の場合は上記2点に加えてIPSによる不正な通信の検知やUEBAによるアノマリー検知を行う対策が必要となります。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

情報セキュリティのCIAとは?

CIAというと、米国の諜報機関である中央情報局(Central Intelligence Agency)や監査系の資格であるCertified Internal Auditorの略と思う方が多いと思い …

アドウェア(Adware)とは?

アドウェア(Adware)とは、ブラウザのツールバーに組み込まれたり、OSのスタートアップに登録されたりして勝手に広告のポップアップ画面などを表示するプログラムの事を言います。アドウェアの多くは広告を …

DNSリフレクション攻撃(DNSアンプ攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

DNSリフレクション攻撃もしくはDNSアンプ攻撃はDoS・DDoSの一種で、DNSの2つの特性を悪用した攻撃です。まず一つ目はDNSサーバは問い合わせに対して必ず回答を行う事(リフレクション)。もう一 …

ブルートフォース攻撃(総当たり攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

ブルートフォース(brute force)とは「強引な」とか「力ずく」という意味で、ユーザのアカウント・パスワードを入手するため、もしくは暗号を解読するために考えられる全てのパターンを自動的に試す手法 …

サイバーキルチェーンとは 図解サイバーセキュリティ用語

サイバーキルチェーンとはロッキードマーティン社が考案したもので、攻撃者目線で攻撃のステージを定義してそれに対して何を行う必要があるかを分析するためのフレームワークです。ロッキードマーティン社は軍事産業 …