図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

タイポスクワッティングとは?

投稿日:

タイポスクワッティングとは、ユーザがWebブラウザにURLを入力する際の打ち間違いを利用して、ユーザを悪意のあるWebサイトに誘導する手法の事を言います。タイポスクワッティングは英語でtyposquattingと書きます。typoとは「打ち間違い」や「スペルミス」と言う意味があり、squattingは「占領」とか「居座る」と言う意味があります。squattingはsquat(スクワット)にingを付けた言葉で、スクワットという言葉であれば皆さんは聞いた事あると思います。エクササイズでスクワットしますが、あれは「しゃがむ」と言う意味があり、しゃがむ事から居座るという意味につながっています。

タイポスクワッティング(typosquatting)とは?

タイポスクワッティングの例

Yahoo!USAの正式なURLを使って説明しましょう。Yahoo!USAのURLはwww.yahoo.comです。攻撃者がこのURLのタイポスクワッティングを実行しようとすると、以下のようなURLを用意するでしょう。

www.yahoo.com Yahoo!USAの正式なURL
www.yahooo.com アルファベットのオー(o)が1つ多い
www.yahuu.com アルファベットのオー(o)をユー(u)に変更
www.yohoo.com アルファベットのエー(a)をオー(o)に変更

攻撃者はタイポスクワッティングで誘導したURL先にはYahoo!USAとそっくりなWebサイトを作成していますので、ユーザは偽のURLにアクセスしている事に気付かない場合があります。

タイポスクワッティングへの対応

では、タイポスクワッティングへの対応はどのように行われているのでしょうか?実際に上でサンプルとして作成したタイポスクワッティングのURLにアクセスしてみましょう。

www.yahoo.com Yahoo!USAの正式なURL
www.yahooo.com www.yahoo.comに転送(Yahoo!がドメインを所有)
www.yahuu.com www.yahoo.comに転送(Yahoo!がドメインを所有)
www.yohoo.com www.yahoo.comに転送(Yahoo!がドメインを所有)

これらのURLは全てwww.yahoo.comに転送されました。Whoisで確認しましたこれらのドメインはYahoo!が所有していました。つまり、タイポスクワッティングを防ぐために、タイポスクワッティングされそうなドメイン名はあらかじめ購入する事が一番重要である事がわかります。ドメイン名は1年間で1000~3000円ほどですので、大企業にとってはタイポスクワッティング対策として100個ほどのドメインを購入したとしても大きなコストにはなりません。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

ディープウェブ、ダークウェブって何? 図解サイバーセキュリティ用語

インターネット上では様々な情報を収集することができますが、良い情報ばかりではありません。インターネットは犯罪者が違法な情報(他人のクレジットカードや個人情報など)や物(麻薬や武器など)を売買するための …

サイバーレジリエンスとは 図解サイバーセキュリティ用語

サイバーレジリエンスはBCPのコンセプトと似ており、サイバー攻撃と受けて被害にあった場合でもシステムの重要度に基づいていかに効率よく復旧するか、という考え方です。つまり、サイバーレジリエンスではサイバ …

コンテンツフィルタリングとは?

コンテンツフィルタリングとは、主にWebサイト・Webページの内容を監視して、あらかじめ設定された条件を基にWebサイトの閲覧を許可・禁止するシステムの事を言います。コンテンツフィルタリングはWebコ …

SQLインジェクション攻撃とは

SQLインジェクション(SQL Injection)とは、アプリケーション(特にWebアプリケーション)がユーザ等からの入力値を適切にエスケープしないままその入力値をSQLコマンドとして実行する事で、 …

ステガノグラフィー(steganography)とは?

ステガノグラフィー(steganography)とは、主に画像などのデータに他のデータやメッセージを埋め込む事でデータ・メッセージを隠蔽するための技術の事を言います。 一般的に暗号データは暗号化されて …