図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

タイポスクワッティングとは?

投稿日:

タイポスクワッティングとは、ユーザがWebブラウザにURLを入力する際の打ち間違いを利用して、ユーザを悪意のあるWebサイトに誘導する手法の事を言います。タイポスクワッティングは英語でtyposquattingと書きます。typoとは「打ち間違い」や「スペルミス」と言う意味があり、squattingは「占領」とか「居座る」と言う意味があります。squattingはsquat(スクワット)にingを付けた言葉で、スクワットという言葉であれば皆さんは聞いた事あると思います。エクササイズでスクワットしますが、あれは「しゃがむ」と言う意味があり、しゃがむ事から居座るという意味につながっています。

タイポスクワッティング(typosquatting)とは?

タイポスクワッティングの例

Yahoo!USAの正式なURLを使って説明しましょう。Yahoo!USAのURLはwww.yahoo.comです。攻撃者がこのURLのタイポスクワッティングを実行しようとすると、以下のようなURLを用意するでしょう。

www.yahoo.com Yahoo!USAの正式なURL
www.yahooo.com アルファベットのオー(o)が1つ多い
www.yahuu.com アルファベットのオー(o)をユー(u)に変更
www.yohoo.com アルファベットのエー(a)をオー(o)に変更

攻撃者はタイポスクワッティングで誘導したURL先にはYahoo!USAとそっくりなWebサイトを作成していますので、ユーザは偽のURLにアクセスしている事に気付かない場合があります。

タイポスクワッティングへの対応

では、タイポスクワッティングへの対応はどのように行われているのでしょうか?実際に上でサンプルとして作成したタイポスクワッティングのURLにアクセスしてみましょう。

www.yahoo.com Yahoo!USAの正式なURL
www.yahooo.com www.yahoo.comに転送(Yahoo!がドメインを所有)
www.yahuu.com www.yahoo.comに転送(Yahoo!がドメインを所有)
www.yohoo.com www.yahoo.comに転送(Yahoo!がドメインを所有)

これらのURLは全てwww.yahoo.comに転送されました。Whoisで確認しましたこれらのドメインはYahoo!が所有していました。つまり、タイポスクワッティングを防ぐために、タイポスクワッティングされそうなドメイン名はあらかじめ購入する事が一番重要である事がわかります。ドメイン名は1年間で1000~3000円ほどですので、大企業にとってはタイポスクワッティング対策として100個ほどのドメインを購入したとしても大きなコストにはなりません。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

HTTP GET Flood攻撃 (F5攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

HTTP GET Floodは別名F5攻撃ともいわれます。F5とはキーボードのF5の事です。インターネットブラウザを表示している時にF5を押すとどのようになるかご存知ですか?今F5を実行してみてくださ …

PDoS(Permanent Denial of Service)とは?

PDoSとはPermanent Denial of Serviceの略で、サービスを不能にする事以上にハードウェアを破壊する事によって永久にサービスを不能にする事を目的としている攻撃の手法の事を言いま …

サイバーセキュリティとセキュリティの違い 図解サイバーセキュリティ用語

サイバーとはインターネットが形成する情報空間の事を表します。ではセキュリティとサイバーセキュリティの違いは何でしょうか?サイバーセキュリティはセキュリティという大きなカテゴリの中の1つの分野です。セキ …

脆弱性診断とペンテストの違い 図解サイバーセキュリティ用語

脆弱性スキャンとペンテストを同じと思っている方も多いと思いますが、脆弱性を発見する所までは同じでもその後のプロセスが違ってきます。脆弱性スキャンは脆弱性診断とも言われますが、脆弱性を発見する事を重点に …

データダイオードとは?

データダイオードとは データダイオード(Data Diode)とはネットワーク上でデータを一方向(片方向)のみの通信を実現させるためのアプライアンスの事を言います。一般的にFirewallはOSI参照 …