図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

タイポスクワッティングとは?

投稿日:

タイポスクワッティングとは、ユーザがWebブラウザにURLを入力する際の打ち間違いを利用して、ユーザを悪意のあるWebサイトに誘導する手法の事を言います。タイポスクワッティングは英語でtyposquattingと書きます。typoとは「打ち間違い」や「スペルミス」と言う意味があり、squattingは「占領」とか「居座る」と言う意味があります。squattingはsquat(スクワット)にingを付けた言葉で、スクワットという言葉であれば皆さんは聞いた事あると思います。エクササイズでスクワットしますが、あれは「しゃがむ」と言う意味があり、しゃがむ事から居座るという意味につながっています。

タイポスクワッティング(typosquatting)とは?

タイポスクワッティングの例

Yahoo!USAの正式なURLを使って説明しましょう。Yahoo!USAのURLはwww.yahoo.comです。攻撃者がこのURLのタイポスクワッティングを実行しようとすると、以下のようなURLを用意するでしょう。

www.yahoo.com Yahoo!USAの正式なURL
www.yahooo.com アルファベットのオー(o)が1つ多い
www.yahuu.com アルファベットのオー(o)をユー(u)に変更
www.yohoo.com アルファベットのエー(a)をオー(o)に変更

攻撃者はタイポスクワッティングで誘導したURL先にはYahoo!USAとそっくりなWebサイトを作成していますので、ユーザは偽のURLにアクセスしている事に気付かない場合があります。

タイポスクワッティングへの対応

では、タイポスクワッティングへの対応はどのように行われているのでしょうか?実際に上でサンプルとして作成したタイポスクワッティングのURLにアクセスしてみましょう。

www.yahoo.com Yahoo!USAの正式なURL
www.yahooo.com www.yahoo.comに転送(Yahoo!がドメインを所有)
www.yahuu.com www.yahoo.comに転送(Yahoo!がドメインを所有)
www.yohoo.com www.yahoo.comに転送(Yahoo!がドメインを所有)

これらのURLは全てwww.yahoo.comに転送されました。Whoisで確認しましたこれらのドメインはYahoo!が所有していました。つまり、タイポスクワッティングを防ぐために、タイポスクワッティングされそうなドメイン名はあらかじめ購入する事が一番重要である事がわかります。ドメイン名は1年間で1000~3000円ほどですので、大企業にとってはタイポスクワッティング対策として100個ほどのドメインを購入したとしても大きなコストにはなりません。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

ブラウザクラッシャー(ブラクラ)とは?

ブラウザクラッシャーはブラクラとも言われており、WebブラウザやOSのバグや仕様を悪用したHTMLやJavascriptをWebページに組み込む事でユーザのパソコンに大量のポップアップ画面を表示したり …

C2サーバ、C&Cとは 図解サイバーセキュリティ用語

C2サーバもしくはC&Cはコマンド&コントロールサーバの事です。C2サーバは攻撃者がユーザの端末に感染したマルウェアに対してコマンドを送信したり、マルウェア経由でユーザの端末のデータを受信したりする役 …

ハッシュ関数、MD5とSHAとは?

ハッシュ関数とは、あるデータをインプットとしてそのデータを要約する16進数の数列を生成する関数の事を言います。ハッシュ関数はデータ固有の値(ハッシュ値)を生成しますので、データが違うとそのハッシュ値も …

スパムメール送信を制限するOP25B(Outbound Port 25 Blocking)とは

Outbound Port 25 Blocking(OP25B)はスパムメールの送信を制限するための仕組みです。メールを送信する際、メールクライアントはSMTPサーバにポート25番を利用してメールを送 …

ICMP Flood攻撃、Ping Flood攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

ICMP Flood攻撃はDoS攻撃の中のFlood系の攻撃の一種です。Ping flood攻撃とも言われます。DoS攻撃の中でも簡単な仕組みの攻撃です。どのような攻撃かと言いますと、まずあらかじめ大 …