図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

タイポスクワッティングとは?

投稿日:

タイポスクワッティングとは、ユーザがWebブラウザにURLを入力する際の打ち間違いを利用して、ユーザを悪意のあるWebサイトに誘導する手法の事を言います。タイポスクワッティングは英語でtyposquattingと書きます。typoとは「打ち間違い」や「スペルミス」と言う意味があり、squattingは「占領」とか「居座る」と言う意味があります。squattingはsquat(スクワット)にingを付けた言葉で、スクワットという言葉であれば皆さんは聞いた事あると思います。エクササイズでスクワットしますが、あれは「しゃがむ」と言う意味があり、しゃがむ事から居座るという意味につながっています。

タイポスクワッティング(typosquatting)とは?

タイポスクワッティングの例

Yahoo!USAの正式なURLを使って説明しましょう。Yahoo!USAのURLはwww.yahoo.comです。攻撃者がこのURLのタイポスクワッティングを実行しようとすると、以下のようなURLを用意するでしょう。

www.yahoo.com Yahoo!USAの正式なURL
www.yahooo.com アルファベットのオー(o)が1つ多い
www.yahuu.com アルファベットのオー(o)をユー(u)に変更
www.yohoo.com アルファベットのエー(a)をオー(o)に変更

攻撃者はタイポスクワッティングで誘導したURL先にはYahoo!USAとそっくりなWebサイトを作成していますので、ユーザは偽のURLにアクセスしている事に気付かない場合があります。

タイポスクワッティングへの対応

では、タイポスクワッティングへの対応はどのように行われているのでしょうか?実際に上でサンプルとして作成したタイポスクワッティングのURLにアクセスしてみましょう。

www.yahoo.com Yahoo!USAの正式なURL
www.yahooo.com www.yahoo.comに転送(Yahoo!がドメインを所有)
www.yahuu.com www.yahoo.comに転送(Yahoo!がドメインを所有)
www.yohoo.com www.yahoo.comに転送(Yahoo!がドメインを所有)

これらのURLは全てwww.yahoo.comに転送されました。Whoisで確認しましたこれらのドメインはYahoo!が所有していました。つまり、タイポスクワッティングを防ぐために、タイポスクワッティングされそうなドメイン名はあらかじめ購入する事が一番重要である事がわかります。ドメイン名は1年間で1000~3000円ほどですので、大企業にとってはタイポスクワッティング対策として100個ほどのドメインを購入したとしても大きなコストにはなりません。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

no image

危険なパスワード2017

調査会社のSplashDataが2017年の危険なパスワード100「Worst Passwords of 2017 Top 100」を公開しました。ひとまずランキング1位から10位を紹介します。 Ra …

サイバー保険とは? 日本におけるサイバー保険の現状 図解サイバーセキュリティ用語

少し前まではサイバー攻撃は映画やドラマの中で行われる、めったにない事件という認識があり、時々ニュースになると非常に驚いていたと思います。しかしながら最近ではサイバー攻撃は毎日のように発生しており、誰も …

SYN Flood:TCP接続の3ウェイハンドシェークのSYNパケットを偽装

SYN FloodはDoS攻撃の1つです。この攻撃はTCP接続の3ウェイハンドシェークの最初のSYNパケットを偽装することで始まります。どのように偽装するかというと、SYNパケットの送信元IPを攻撃者 …

IDSとIPSの違い 侵入検知システムとは 図解サイバーセキュリティ用語

侵入検知システムとは、不正な通信や悪意のある通信を検知するシステムの事を言います。侵入検知システムにはIDSとIPSの2種類あり、IDSはIntrusion Detection Systemの略で、不 …

ワンタイムパスワードとは 図解サイバーセキュリティ用語

ワンタイムパスワードは二要素認証の「ユーザが持っているもの(Something you have)」に該当し、解読不可能な規則によって表示される数字(トークン)をログイン認証の要件とする事で、ログイン …