図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

ウォードライビングとは?

投稿日:

ウォードライビング(Wardriving)とは、自動車や自転車で移動しながら無線LANのアクセスポイント(AP)を探して記録する事を言います。ウォードライビングは許可されていない無線LANにアクセスする不正アクセスは行わず、無線LANのアクセスポイントを探して記録するだけですので、違法行為ではありません。しかしながら、ウォードライビングで発見した無線LANのアクセスポイントの結果を基にして不正アクセスに利用する攻撃者も存在します。その場合は許可されていない不正アクセスの行為のみ違法となります。

ウォードライビング(Wardriving)とは?

ウォードライビングは危険?

最近ではウォードライビングはあまり行われませんが、一般ユーザでもウォードライビングに似たような事を行うユーザもいます。例えば、外出中にインターネットを利用したい場合に、ノートパソコンを開いて利用可能な無線LANのアクセスポイントを探すユーザがいます。喫茶店や駅などでは事前登録しておけば無料で利用できる無線LANのアクセスポイントがありますが、それ以外にもパスワード無しのアクセスポイントが存在する場合があります。

多くのユーザは特に気にせずにそのパスワード無しのアクセスポイントにアクセスしてインターネットにアクセスしますが、実はそのアクセスポイントは悪意を持った攻撃者が設置したアクセスポイントの場合があります。攻撃者はそのアクセスポイント経由でユーザがインターネット上でやり取りしたデータを全て取得する事が出来てしまいます。

ウォードライビング対策

ウォードライビングによって自分の無線LANの情報を取得されないようにするためには、無線LANのSSIDをステルスモードに設定します。SSIDとはService Set Identifierの略で無線LANのアクセスポイントの名前(識別子)と言って良いでしょう。無線LANのアクセスポイントは自分の場所を知らせるためにSSIDをブロードキャストしていますが、SSIDをステルス化するとアクセスポイントが発信する電波にSSIDを含めないようにする事ができます。つまり、ユーザ側の無線LANのアクセスポイント一覧にステルス化されたSSIDは表示されなくなります。

しかしなが、SSIDのステルスモードではセキュリティはさほど向上しません。なぜなら様々なツールがステルスモードのSSIDを発見する事が出来てしまうからです。とは言いつつも、一般ユーザからの間違ったアクセス・不正アクセスに対してはある一定の効果はあります。

ですので、無線LANのアクセスポイントはどのような事を行っても公に知られてしまう、と言う認識を持って無線LAN通信の暗号化および複雑なパスワードの選定を行った方が良いでしょう。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

リスクの保有・低減・回避・移転

リスクとは被害を被る可能性の事です。ITではリスクは脆弱性・脅威・情報資産の3つの組み合わせによって表現する事ができ、その発生頻度や影響度によってリスクに対する対策が変わってきます。リスク対策として4 …

ビジネスメール詐欺(BEC)とは? 図解サイバーセキュリティ用語 

IPAが偽口座への送金を促すビジネスメール詐欺への注意喚起を行っています。ビジネスメール詐欺はBECとも言われており、BECはBusiness Email Compromiseの略です。このビジネスメ …

サイバーセキュリティとセキュリティの違い 図解サイバーセキュリティ用語

サイバーとはインターネットが形成する情報空間の事を表します。ではセキュリティとサイバーセキュリティの違いは何でしょうか?サイバーセキュリティはセキュリティという大きなカテゴリの中の1つの分野です。セキ …

IoC(Indicator of Compromise)とは?

IOCとは?東京オリンピックではなく・・・

IOCと言うと多くの方がオリンピックを主催するInternational Olympic Committeeの事を思いつくと思いますが、セキュリティの世界ではIOCは違う意味があります。もっともIOC …

DNSキャッシュポイズニング 図解サイバーセキュリティ用語

DNSキャッシュポイズニングとはDNSサーバのキャッシュ情報に不正なIPとそのホスト名を挿入することによって、ユーザを不正なホスト名を持つウェブサイトに誘導する攻撃を指します。最終的な目的は、その誘導 …