図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

アドウェア(Adware)とは?

投稿日:

アドウェア(Adware)とは、ブラウザのツールバーに組み込まれたり、OSのスタートアップに登録されたりして勝手に広告のポップアップ画面などを表示するプログラムの事を言います。アドウェアの多くは広告を表示してユーザにクリックしてもらう事で広告料を稼いだり、クリック先のサイトで購入してもらう事が目的ですので、コンピュータに被害を与えませんが、アドウェアの中にはコンピュータのレジストリをいじったり、コンピュータの情報を搾取するいわゆるスパイウェアがありますので、注意が必要です。

アドウェアはどのようにインストールされるのか?

アドウェアはいつの間にかインストールされている場合が多いです。多くのアドウェアは何かしらのフリーウェアをインストールする際に一緒にインストールされます。その時に注意深くインストールの画面を見ておけばアドウェアをインストールする画面が表示されている事がわかります。ユーザは一般的に「次へ」ボタンを連打しますので、アドウェアのインストール画面に気付かない場合があります。また、アドウェアのインストール画面ではチェックを付けたり外したりする事でアドウェアのインストールが選択できますが、デフォルトでチェックはオンの状態がほとんどです。

アドウェアの例

では、実際にアドウェアの例を見てみましょう。SoundEngine Freeは音声録音・音楽編集用のソフトです。SoundEngine Free自体は無害ですので、セキュリティ的に全く問題ありませんが、SoundEngine Freeをインストールする際に以下のような画面が表示されます。

アドウェアとは?

ユーザは何も考えずに「はい」をクリックしてしまうとYahoo!ツールバーやJWordプラグインがインストールされてしまいます。SoundEngine Freeの場合はまだ親切な方で、悪意のあるアドウェアの場合は上記のような選択画面をわかりにくく表示したり、そもそもいつの間にかインストールされていたりします。

アドウェアの削除方法

アドウェアの削除方法は、アドウェアそれぞれで違ってきますが、多くのアドウェアはWindowsの機能である「プログラムの追加と削除」などを利用して削除できますが、悪質なアドウェアは「プログラムの追加と削除」では削除でない場合があります。その場合はウィルス対策ソフトやマルウェア除去ソフトを使ってコンピュータをスキャンすると、アドウェアを検知して削除してくれます。

無料で使えるソフトとしては「Malwarebytes Anti-Malware Free」が有名です。一般的なマルウェアだけではなく、スパイウェアやアドウェアも検知してくれます。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

諜報活動はOSINT、SIGINT、HUMINTの3種類が基本 図解サイバーセキュリティ用語

サイバー空間上の諜報活動にはOSINT、SIGINT、HUMINTの3つの種類があります。これらは元々軍事用語として利用されていましたが、現在のサイバー空間上の諜報活動は戦争での諜報活動と同じように行 …

プロキシサーバとは? 図解サイバーセキュリティ用語

プロキシサーバとは、クライアントが内部ネットワークから外部のWebサーバ等にアクセスする際に、クライアントに代わって代理で通信を行う事によって通信の高速化を図ると同時にセキュリティの確保を行うサーバの …

UEBA(User and Entity Behavior Analytics)とは?

UEBAとはUser and Entity Behavior Analyticsの略で、ユーザやシステムの振る舞いを機械学習する事で、ユーザ/システムの異常な振る舞いや不正な活動を検知する分析技術の事 …

サイバーレジリエンスとは 図解サイバーセキュリティ用語

サイバーレジリエンスはBCPのコンセプトと似ており、サイバー攻撃と受けて被害にあった場合でもシステムの重要度に基づいていかに効率よく復旧するか、という考え方です。つまり、サイバーレジリエンスではサイバ …

辞書攻撃(ディクショナリ攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

辞書攻撃(ディクショナリ攻撃)はユーザのパスワードや暗号キーを解読するために行う攻撃の1つです。コンセプトはブルートフォース攻撃と同じですが、辞書攻撃はブルートフォースより効率よく短時間で攻撃を行う事 …