図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

データダイオードとは?

投稿日:

データダイオードとは

データダイオード(Data Diode)とはネットワーク上でデータを一方向(片方向)のみの通信を実現させるためのアプライアンスの事を言います。一般的にFirewallはOSI参照モデルにおけるネットワーク層(レイヤ3)とトランスポート層(レイヤ4)でネットワークトラフィックを制御しますので、Firewallに脆弱性が存在する場合や、Firewallのルールに不備がある場合などは不正な通信や悪意のある通信を防ぐ事ができません。一方でデータダイオードの場合は物理層(レイヤ1)で制御しますので、より確実にネットワークの通信の方向を制御する事ができます。

データダイオードの用途

データダイオードは、オフィスなどのITネットワークと工場などの制御システムのOTネットワーク間の一方向通信を実現するために良く利用されます。工場やプラントなどのOTネットワーク上には工場の機械を制御するためのPLC(Programmable Logic Controller)などが存在していますので、攻撃者がそれらに攻撃を行った場合は工場やプラント内の機械が誤作動を起こして、人的な被害を被る場合があります。StuxnetはOTネットワーク内のPLCを狙った攻撃(マルウェア)の一例です。Stuxnetの場合はイランの核燃料施設の遠心分離機を制御するPLCに対して不正な攻撃コマンドを実行して遠心分離機に誤作動を起こさせるマルウェアでした。ですので、OTネットワークは非常に重要なシステムが多数存在しますので、よりセキュアな環境にする必要があります。その1つとしてデータダイオードによる通信の制御を行っているケースが多数あります。米国では原子力発電プラントなどの重要インフラでは一方向通信を求めているガイドランや規制があります。

データダイオードとは?

一般的にサイバー攻撃はインターネット経由で行われますので、インターネットからITネットワークに攻撃が行われて、攻撃者がITネットワークに侵入できた場合にOTネットワークに攻撃を行います。ですので、データダイオードでITネットワークからOTネットワーク方向への通信を不可能にして、OTネットワークからITネットワーク方向のみの通信を実現させることで、OTネットワーク内部を守る事ができます。

OTネットワークからITネットワークに対しては、多くの場合にOTネットワーク内のシステムのログやアラートをITネットワーク側に配置しているSIEM等に送信するために必要とされます。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

異常検知 シグネチャ検知とアノマリー検知 図解サイバーセキュリティ用語

マカフィーやシマンテックなどのウィルス対策ソフトやSourceFireなどのIDS/IPS製品では異常検知を行う事によって、不正なトラフィックや悪意のあるコマンドを検知しています。異常検知には主にシグ …

リスクの保有・低減・回避・移転

リスクとは被害を被る可能性の事です。ITではリスクは脆弱性・脅威・情報資産の3つの組み合わせによって表現する事ができ、その発生頻度や影響度によってリスクに対する対策が変わってきます。リスク対策として4 …

ハッシュ関数、MD5とSHAとは?

ハッシュ関数とは、あるデータをインプットとしてそのデータを要約する16進数の数列を生成する関数の事を言います。ハッシュ関数はデータ固有の値(ハッシュ値)を生成しますので、データが違うとそのハッシュ値も …

IDSとIPSの違い 侵入検知システムとは 図解サイバーセキュリティ用語

侵入検知システムとは、不正な通信や悪意のある通信を検知するシステムの事を言います。侵入検知システムにはIDSとIPSの2種類あり、IDSはIntrusion Detection Systemの略で、不 …

ディープウェブ、ダークウェブって何? 図解サイバーセキュリティ用語

インターネット上では様々な情報を収集することができますが、良い情報ばかりではありません。インターネットは犯罪者が違法な情報(他人のクレジットカードや個人情報など)や物(麻薬や武器など)を売買するための …