図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

レインボーテーブル(Rainbow Table)とは

投稿日:

レインボーテーブルとは、パスワードを解析するための総当たり攻撃を高速化するために、すべてのパスワード候補(文字列)に対するハッシュ値をあらかじめ計算して表にしたものです。このレインボーテーブルはパスワードハッシュの逆引き表とも言えます。

全てのパスワード候補(文字列)に対するハッシュ値を保存するためには大容量のストレージが必要となりますので、実際にはパスワード文字列とそれに対するハッシュ値が並んで記載されているわけではありません。全てのパスワード候補をリストにするのは現実的ではありませんので、レインボーテーブルではテーブルを効率化されたものが利用されています。

レインボーテーブルでは、まず1つの平文からハッシュ値を求めます。そして、そのハッシュ値を還元関数を利用して別の平文を求めます。そしてまた、その平文からハッシュ値を求めます。このような作業を何度も繰り返し、最初に利用した平文と最後に求めた平文のみをテーブルに保存したものがレインボーテーブルとなります。最初と最後の平文のみわかっていれば、途中の平文・ハッシュ値は記録しておく必要がない理由は、最初の平文があれば、同じ手順で途中の平文・ハッシュ値を求める事ができるからです。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

データダイオードとは?

データダイオードとは データダイオード(Data Diode)とはネットワーク上でデータを一方向(片方向)のみの通信を実現させるためのアプライアンスの事を言います。一般的にFirewallはOSI参照 …

図解:共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式

共通鍵暗号方式 共通鍵暗号方式は、暗号化する鍵と復号する鍵に同じ鍵を使います。つまり、データを暗号化するユーザと暗号化したデータを受け取って復号するユーザは同じ共通鍵を持っている必要があります。 共通 …

辞書攻撃(ディクショナリ攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

辞書攻撃(ディクショナリ攻撃)はユーザのパスワードや暗号キーを解読するために行う攻撃の1つです。コンセプトはブルートフォース攻撃と同じですが、辞書攻撃はブルートフォースより効率よく短時間で攻撃を行う事 …

ドロッパーとは? 図解サイバーセキュリティ用語

ドロッパーとはトロイの木馬の一種で、ユーザがドロッパーの実行ファイルを実行すると、ウィルスをシステムにドロップ(生成)します。ドロッパー自体は不正な活動を積極的には行いません。しかもドロッパーはウィル …

CISO(最高情報セキュリティ責任者)とは?

CISOとはChief Information Security Officerの略で、最高情報セキュリティ責任者の事を言います。CISOは一般的に執行役員レベルのポジションで企業の情報セキュリティに …