図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

レインボーテーブル(Rainbow Table)とは

投稿日:

レインボーテーブルとは、パスワードを解析するための総当たり攻撃を高速化するために、すべてのパスワード候補(文字列)に対するハッシュ値をあらかじめ計算して表にしたものです。このレインボーテーブルはパスワードハッシュの逆引き表とも言えます。

全てのパスワード候補(文字列)に対するハッシュ値を保存するためには大容量のストレージが必要となりますので、実際にはパスワード文字列とそれに対するハッシュ値が並んで記載されているわけではありません。全てのパスワード候補をリストにするのは現実的ではありませんので、レインボーテーブルではテーブルを効率化されたものが利用されています。

レインボーテーブルでは、まず1つの平文からハッシュ値を求めます。そして、そのハッシュ値を還元関数を利用して別の平文を求めます。そしてまた、その平文からハッシュ値を求めます。このような作業を何度も繰り返し、最初に利用した平文と最後に求めた平文のみをテーブルに保存したものがレインボーテーブルとなります。最初と最後の平文のみわかっていれば、途中の平文・ハッシュ値は記録しておく必要がない理由は、最初の平文があれば、同じ手順で途中の平文・ハッシュ値を求める事ができるからです。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

脅威・脆弱性・情報資産そしてリスク 図解サイバーセキュリティ用語

リスク分析を行う際によるあるのが、リスクと脅威・脆弱性をごっちゃ混ぜにして考えてしまい、それぞれの定義を勘違いしてしまうことです。ここでは、リスクとは何か?そしてリスクを構成する要因(脅威・脆弱性・情 …

ハッシュ関数、MD5とSHAとは?

ハッシュ関数とは、あるデータをインプットとしてそのデータを要約する16進数の数列を生成する関数の事を言います。ハッシュ関数はデータ固有の値(ハッシュ値)を生成しますので、データが違うとそのハッシュ値も …

サイバーセキュリティとセキュリティの違い 図解サイバーセキュリティ用語

サイバーとはインターネットが形成する情報空間の事を表します。ではセキュリティとサイバーセキュリティの違いは何でしょうか?サイバーセキュリティはセキュリティという大きなカテゴリの中の1つの分野です。セキ …

ハニーポットとはセキュリティのハニートラップ

ハニートラップとは諜報活動のヒューミントの一種で、女性のスパイや工作員がターゲットの男性を誘惑し性的関係を持つことによって弱みを握り、それをネタにして個人情報や機密情報などを入手する活動の事を言います …

ドロッパーとは? 図解サイバーセキュリティ用語

ドロッパーとはトロイの木馬の一種で、ユーザがドロッパーの実行ファイルを実行すると、ウィルスをシステムにドロップ(生成)します。ドロッパー自体は不正な活動を積極的には行いません。しかもドロッパーはウィル …