図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

レインボーテーブル(Rainbow Table)とは

投稿日:

レインボーテーブルとは、パスワードを解析するための総当たり攻撃を高速化するために、すべてのパスワード候補(文字列)に対するハッシュ値をあらかじめ計算して表にしたものです。このレインボーテーブルはパスワードハッシュの逆引き表とも言えます。

全てのパスワード候補(文字列)に対するハッシュ値を保存するためには大容量のストレージが必要となりますので、実際にはパスワード文字列とそれに対するハッシュ値が並んで記載されているわけではありません。全てのパスワード候補をリストにするのは現実的ではありませんので、レインボーテーブルではテーブルを効率化されたものが利用されています。

レインボーテーブルでは、まず1つの平文からハッシュ値を求めます。そして、そのハッシュ値を還元関数を利用して別の平文を求めます。そしてまた、その平文からハッシュ値を求めます。このような作業を何度も繰り返し、最初に利用した平文と最後に求めた平文のみをテーブルに保存したものがレインボーテーブルとなります。最初と最後の平文のみわかっていれば、途中の平文・ハッシュ値は記録しておく必要がない理由は、最初の平文があれば、同じ手順で途中の平文・ハッシュ値を求める事ができるからです。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

アドウェア(Adware)とは?

アドウェア(Adware)とは、ブラウザのツールバーに組み込まれたり、OSのスタートアップに登録されたりして勝手に広告のポップアップ画面などを表示するプログラムの事を言います。アドウェアの多くは広告を …

諜報活動はOSINT、SIGINT、HUMINTの3種類が基本 図解サイバーセキュリティ用語

サイバー空間上の諜報活動にはOSINT、SIGINT、HUMINTの3つの種類があります。これらは元々軍事用語として利用されていましたが、現在のサイバー空間上の諜報活動は戦争での諜報活動と同じように行 …

ワンタイムパスワードとは 図解サイバーセキュリティ用語

ワンタイムパスワードは二要素認証の「ユーザが持っているもの(Something you have)」に該当し、解読不可能な規則によって表示される数字(トークン)をログイン認証の要件とする事で、ログイン …

Stuxnet(スタックスネット)とは 制御システムを狙った初のマルウェア 図解サイバーセキュリティ用語

Stuxnet(スタックスネット)とは制御システムを狙った初のマルウェアと言われています。20010年9月ごろにイランのナタンスにある核燃料施設のウラン濃縮用遠心分離機に誤作動を起こさせ、約8400台 …

多層防御とは 図解サイバーセキュリティ用語

多層防御とは、複数の連続したセキュリティ対策によって攻撃を途中で食い止めるアプローチの事を言います。つまり、攻撃に対して効果的でないセキュリティ対策があったり、セキュリティ対策をバイパスするような攻撃 …