図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

IOCとは?東京オリンピックではなく・・・

投稿日:

IOCと言うと多くの方がオリンピックを主催するInternational Olympic Committeeの事を思いつくと思いますが、セキュリティの世界ではIOCは違う意味があります。もっともIOCよりIoCと記載する方が良いかもしれません。

セキュリティの世界のIoCはIndicator of Compromiseの略です。IoCは攻撃された事を示す痕跡の事を言います。要は泥棒が入ったあとの足跡です。攻撃された際のIoCを自社内で共有したり他の組織と共有する事で被害の拡大を防ぐ事が可能となります。またIoCを分析する事でどのようなマルウェアが利用されたのか攻撃の手法が明らかになります。

IoC(Indicator of Compromise)とは?

IoCは共有するものですので、IoCは共通したフォーマットでなければ他者が効率よく活用する事ができません。ですので、IoCのフォーマットの規格がいくつか存在します。例えば、MANDIANTが作成したOpenIOCが有名ですが、基本的にXML形式を用いています。

IoCの使い方

攻撃を受けた端末をIoCツールを用いて解析してIoCを作成します。そしてIoCツール等を利用し社内の端末をIoCデータを基にスキャンする事でIoCに合致する攻撃の痕跡を持つ端末を洗い出す事が可能になります。これはウィルススキャンに非常に似ていますが、IoCにはウィルス対策製品では検査の対象となっていない幅広いパラメータを用いて攻撃の痕跡を定義する事が可能です。

IoC(Indicator of Compromise)とは

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

ワンタイムパスワードとは 図解サイバーセキュリティ用語

ワンタイムパスワードは二要素認証の「ユーザが持っているもの(Something you have)」に該当し、解読不可能な規則によって表示される数字(トークン)をログイン認証の要件とする事で、ログイン …

ウォードライビングとは?

ウォードライビング(Wardriving)とは、自動車や自転車で移動しながら無線LANのアクセスポイント(AP)を探して記録する事を言います。ウォードライビングは許可されていない無線LANにアクセスす …

CDoSとは 中国発信のDoS攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

CDoSとはChina DoSの略で、中国からのDoS攻撃の事を指します。この言葉が作られた理由は単純に中国からのDoS攻撃が多いからです。これは対日本に限ったわけではなくアメリカや東南アジア、欧州に …

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)とは 図解サイバーセキュリティ用語

WAFはWeb Application Firewallの略で、Webサービスを攻撃から保護するためのシステムです。WAFはHTTP通信を分析して、悪意のあるコマンドやパラメータを含む通信をブロックし …

職務分掌・職務分離とは?

職務分掌とは部署や役職ごとに必要な責任や権限を明確にして定義する事を言います。職務分掌と似たような言葉に職務分離があります。ほぼ同じ意味ですが、職務分掌は人事要素が強い一方で職務分離にはコンプライアン …