図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

Smurf攻撃はDDoSの一種です 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月12日 更新日:

Smurf攻撃はDoS攻撃の一つで、ネットワークの疎通確認等に利用されるICMPを悪用して攻撃ターゲットのサーバに大量のパケットを送信する攻撃です。Smurfという名前の由来は、この手の攻撃に利用されたプログラムの名前がSmurfだったからのようです。

通常のICMP

ICMPを利用したものとして良く知られているのがPingですね。Pingはクライアントからサーバに対してネットワークの疎通確認をするときに利用されます。この場合下の図のようにクライアントがICMP echoを送信して、サーバがそれに応じたreplyを返すのが正常の動作です。Smurf攻撃の解説

Smurf攻撃

Smurf攻撃の場合は、まず送信元のIPを詐称して、攻撃対象となるサーバのIPを指定します。送信元を詐称したICMP echoを送信するとどのような事が起こるのでしょうか?次の図を見てみましょう。

Smurf攻撃の解説

ICMP echoを受けたサーバはICMP replyを攻撃ターゲットとなるサーバに送信します。送信されたICMP replyが少量であれば特に問題ないのですが、DDoSのように大量な踏み台サーバを利用して偽装したICMP echoを送信すると、大量のICMP replyを攻撃ターゲットに送信することが可能になります。大量のICMP replyを受信したターゲットサーバはCPU、メモリ、ネットワーク帯域等のリソースの枯渇によりサービスを提供できなくなります。これがSmurf攻撃の目的です。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語


comment

関連記事

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)とは 図解サイバーセキュリティ用語

WAFはWeb Application Firewallの略で、Webサービスを攻撃から保護するためのシステムです。WAFはHTTP通信を分析して、悪意のあるコマンドやパラメータを含む通信をブロックし …

リスクの保有・低減・回避・移転

リスクとは被害を被る可能性の事です。ITではリスクは脆弱性・脅威・情報資産の3つの組み合わせによって表現する事ができ、その発生頻度や影響度によってリスクに対する対策が変わってきます。リスク対策として4 …

アドウェア(Adware)とは?

アドウェア(Adware)とは、ブラウザのツールバーに組み込まれたり、OSのスタートアップに登録されたりして勝手に広告のポップアップ画面などを表示するプログラムの事を言います。アドウェアの多くは広告を …

UEBA(User and Entity Behavior Analytics)とは?

UEBAとはUser and Entity Behavior Analyticsの略で、ユーザやシステムの振る舞いを機械学習する事で、ユーザ/システムの異常な振る舞いや不正な活動を検知する分析技術の事 …

HTTP GET Flood攻撃 (F5攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

HTTP GET Floodは別名F5攻撃ともいわれます。F5とはキーボードのF5の事です。インターネットブラウザを表示している時にF5を押すとどのようになるかご存知ですか?今F5を実行してみてくださ …