図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

ドロッパーとは? 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:

ドロッパーとはトロイの木馬の一種で、ユーザがドロッパーの実行ファイルを実行すると、ウィルスをシステムにドロップ(生成)します。ドロッパー自体は不正な活動を積極的には行いません。しかもドロッパーはウィルスのプログラムを暗号化もしくは難読化しているため、ウィルス対策ソフトでは検知できない場合があります。

ドロッパーとは

ドロッパーはウィルスを生成するだけではなく、おとりの無害なファイルを生成したりします。また、ドロッパーによってはウィルス・マルウェアをドロッパー内部に保持しているのではなく、外部からダウンロードする仕組みを利用している場合もあります。その場合はIDS/IPSなどで検知する事ができる場合があります。また、ドロッパーのような動作はヒューリスティック検知(振る舞い検知)が有効とされています。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

fiewall

Firewall(ファイアウォール)とは、パケットフィルタリングとアプリケーションゲートウェイ

Firewall(ファイアウォール)は日本語だと防火壁の事で、火の侵入を防いで火事が拡大することを防ぐ壁の事を言います。コンピュータの世界ではFirewall(ファイアウォール)は外部の不正な通信や攻 …

デジタルタトゥーとは?

デジタルタトゥーとは、インターネット上で公開されたり流出した個人情報などは、後から消すことが極めて難しい事を入れ墨に例えた表現です。もしかするとインターネット上で拡散した情報を消すより入れ墨を消す方が …

辞書攻撃(ディクショナリ攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

辞書攻撃(ディクショナリ攻撃)はユーザのパスワードや暗号キーを解読するために行う攻撃の1つです。コンセプトはブルートフォース攻撃と同じですが、辞書攻撃はブルートフォースより効率よく短時間で攻撃を行う事 …

ウォードライビングとは?

ウォードライビング(Wardriving)とは、自動車や自転車で移動しながら無線LANのアクセスポイント(AP)を探して記録する事を言います。ウォードライビングは許可されていない無線LANにアクセスす …

多層防御とは 図解サイバーセキュリティ用語

多層防御とは、複数の連続したセキュリティ対策によって攻撃を途中で食い止めるアプローチの事を言います。つまり、攻撃に対して効果的でないセキュリティ対策があったり、セキュリティ対策をバイパスするような攻撃 …