図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

ドロッパーとは? 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:

ドロッパーとはトロイの木馬の一種で、ユーザがドロッパーの実行ファイルを実行すると、ウィルスをシステムにドロップ(生成)します。ドロッパー自体は不正な活動を積極的には行いません。しかもドロッパーはウィルスのプログラムを暗号化もしくは難読化しているため、ウィルス対策ソフトでは検知できない場合があります。

ドロッパーとは

ドロッパーはウィルスを生成するだけではなく、おとりの無害なファイルを生成したりします。また、ドロッパーによってはウィルス・マルウェアをドロッパー内部に保持しているのではなく、外部からダウンロードする仕組みを利用している場合もあります。その場合はIDS/IPSなどで検知する事ができる場合があります。また、ドロッパーのような動作はヒューリスティック検知(振る舞い検知)が有効とされています。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

fiewall

Firewall(ファイアウォール)とは、パケットフィルタリングとアプリケーションゲートウェイ

Firewall(ファイアウォール)は日本語だと防火壁の事で、火の侵入を防いで火事が拡大することを防ぐ壁の事を言います。コンピュータの世界ではFirewall(ファイアウォール)は外部の不正な通信や攻 …

クリアデスクとクリアスクリーンとは?ISMSとプライバシーマークに必須

クリアデスクとは クリアデスクとは、オフィスなどの不特定多数の人がいる所ではデスクから離席する際にデスク上に業務に関する書類を放置せずにキャビネットなど鍵のかかった場所に保管する方針の事を言います。英 …

クロスサイトリクエストフォージェリ (CSRF) 図解サイバーセキュリティ用語

クロスサイトリクエストフォージェリ (CSRF)は、一般ユーザが知らない間にサイバー攻撃に加担してしまう事で、攻撃者がターゲットに対して間接的に攻撃を行う事ができます。クロスサイトリクエストフォージェ …

C2サーバ、C&Cとは 図解サイバーセキュリティ用語

C2サーバもしくはC&Cはコマンド&コントロールサーバの事です。C2サーバは攻撃者がユーザの端末に感染したマルウェアに対してコマンドを送信したり、マルウェア経由でユーザの端末のデータを受信したりする役 …

第5の戦場、サイバー空間 図解サイバーセキュリティ用語

戦争の歴史は「陸」での争いに始まり船で「海」で各地に進出し、戦闘機で「空」を制覇することで進化を遂げていきました。ここまでを第1の戦場、第2の戦場、第3の戦場と呼んでいました。最近では第4の戦場として …