図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

ドロッパーとは? 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:

ドロッパーとはトロイの木馬の一種で、ユーザがドロッパーの実行ファイルを実行すると、ウィルスをシステムにドロップ(生成)します。ドロッパー自体は不正な活動を積極的には行いません。しかもドロッパーはウィルスのプログラムを暗号化もしくは難読化しているため、ウィルス対策ソフトでは検知できない場合があります。

ドロッパーとは

ドロッパーはウィルスを生成するだけではなく、おとりの無害なファイルを生成したりします。また、ドロッパーによってはウィルス・マルウェアをドロッパー内部に保持しているのではなく、外部からダウンロードする仕組みを利用している場合もあります。その場合はIDS/IPSなどで検知する事ができる場合があります。また、ドロッパーのような動作はヒューリスティック検知(振る舞い検知)が有効とされています。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

Wanna Cryptorで見るランサムウェアの仕組み

2017年5月12日に世界中で大規模なサイバー攻撃が発生しました。多くのコンピュータがWanna Cryptorと言うランサムウェアに感染し、感染したコンピュータのファイルを暗号化されてシステムやサー …

サイバー保険とは? 日本におけるサイバー保険の現状 図解サイバーセキュリティ用語

少し前まではサイバー攻撃は映画やドラマの中で行われる、めったにない事件という認識があり、時々ニュースになると非常に驚いていたと思います。しかしながら最近ではサイバー攻撃は毎日のように発生しており、誰も …

認証と認可の違いとは?

ITの世界では頻繁に「認証」と「認可」という言葉を利用します。特にIAM(Identity Access Management)の分野でこれらの言葉は区別して利用されています。一般ユーザからすると「認 …

Miraiとは? 大規模なDDoSを発生させる、IoTをターゲットとしたマルウェア 図解サイバーセキュリティ用語

2016年10月に米Dyn社のDNSサービスをターゲットとしたDDoS攻撃が発生しました。このDDoS攻撃ではなんと何千万という端末から1.2テラバイト/秒のデータがDyn社のDNSサーバに送信された …

脅威・脆弱性・情報資産そしてリスク 図解サイバーセキュリティ用語

リスク分析を行う際によるあるのが、リスクと脅威・脆弱性をごっちゃ混ぜにして考えてしまい、それぞれの定義を勘違いしてしまうことです。ここでは、リスクとは何か?そしてリスクを構成する要因(脅威・脆弱性・情 …