図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

UEBA(User and Entity Behavior Analytics)とは?

投稿日:

UEBAとはUser and Entity Behavior Analyticsの略で、ユーザやシステムの振る舞いを機械学習する事で、ユーザ/システムの異常な振る舞いや不正な活動を検知する分析技術の事を指します。

UEBAによって、未知のマルウェアの活動を検知したり、ユーザの内部不正の傾向などを検知する事ができます。UEBAではFirewall、IDS、IPS、WAF、ProxyなどのログとADから得られるユーザ情報、端末から得られるIP、もしくはログなどの相関関係をインプットとして機械学習します。

UEBA(User and Entity Behavior Analytics)とは

UEBAの製品にもよりますが、以下のような不正な活動を検知する事が可能です。

  • 他のユーザIDを悪用した情報搾取・データ改ざんなどの内部不正
  • マルウェアの活動
  • 外部からのサイバー攻撃

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

IDSとIPSの違い 侵入検知システムとは 図解サイバーセキュリティ用語

侵入検知システムとは、不正な通信や悪意のある通信を検知するシステムの事を言います。侵入検知システムにはIDSとIPSの2種類あり、IDSはIntrusion Detection Systemの略で、不 …

ヒューリスティック検知 図解サイバーセキュリティ用語

ヒューリスティック検知は、プログラムの実行ファイルの挙動を分析して通常ありえない動作、例えばOSの動作に関連するレジストリ・ライブラリなどへの書き込みや特権IDのパスワード変更など、を検知して異常とみ …

プロキシサーバとは? 図解サイバーセキュリティ用語

プロキシサーバとは、クライアントが内部ネットワークから外部のWebサーバ等にアクセスする際に、クライアントに代わって代理で通信を行う事によって通信の高速化を図ると同時にセキュリティの確保を行うサーバの …

C2サーバ、C&Cとは 図解サイバーセキュリティ用語

C2サーバもしくはC&Cはコマンド&コントロールサーバの事です。C2サーバは攻撃者がユーザの端末に感染したマルウェアに対してコマンドを送信したり、マルウェア経由でユーザの端末のデータを受信したりする役 …

サイバーインテリジェンス(Cyber Intelligence) 図解サイバーセキュリティ用語

インテリジェンスを日本語で訳すのは難しいですが、諜報活動から得られる情報と訳す事ができます。ただしこれは戦争や政治の世界で使われる意味で、サイバーセキュリティでのインテリジェンスの意味は少し違ってきま …