図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

UEBA(User and Entity Behavior Analytics)とは?

投稿日:

UEBAとはUser and Entity Behavior Analyticsの略で、ユーザやシステムの振る舞いを機械学習する事で、ユーザ/システムの異常な振る舞いや不正な活動を検知する分析技術の事を指します。

UEBAによって、未知のマルウェアの活動を検知したり、ユーザの内部不正の傾向などを検知する事ができます。UEBAではFirewall、IDS、IPS、WAF、ProxyなどのログとADから得られるユーザ情報、端末から得られるIP、もしくはログなどの相関関係をインプットとして機械学習します。

UEBA(User and Entity Behavior Analytics)とは

UEBAの製品にもよりますが、以下のような不正な活動を検知する事が可能です。

  • 他のユーザIDを悪用した情報搾取・データ改ざんなどの内部不正
  • マルウェアの活動
  • 外部からのサイバー攻撃

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

スパムメール送信を制限するOP25B(Outbound Port 25 Blocking)とは

Outbound Port 25 Blocking(OP25B)はスパムメールの送信を制限するための仕組みです。メールを送信する際、メールクライアントはSMTPサーバにポート25番を利用してメールを送 …

ワンクリック詐欺は無視する事が一番良い

ワンクリック詐欺とは、WebサイトにアクセスするとそのWebページに「申し込み完了」のような言葉と数万円ほどの「利用料金」を表示して、あたかもユーザがサービスの契約を終えてサービスを利用しているかのよ …

Stuxnet(スタックスネット)とは 制御システムを狙った初のマルウェア 図解サイバーセキュリティ用語

Stuxnet(スタックスネット)とは制御システムを狙った初のマルウェアと言われています。20010年9月ごろにイランのナタンスにある核燃料施設のウラン濃縮用遠心分離機に誤作動を起こさせ、約8400台 …

諜報活動はOSINT、SIGINT、HUMINTの3種類が基本 図解サイバーセキュリティ用語

サイバー空間上の諜報活動にはOSINT、SIGINT、HUMINTの3つの種類があります。これらは元々軍事用語として利用されていましたが、現在のサイバー空間上の諜報活動は戦争での諜報活動と同じように行 …

プロキシサーバとは? 図解サイバーセキュリティ用語

プロキシサーバとは、クライアントが内部ネットワークから外部のWebサーバ等にアクセスする際に、クライアントに代わって代理で通信を行う事によって通信の高速化を図ると同時にセキュリティの確保を行うサーバの …