図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

UEBA(User and Entity Behavior Analytics)とは?

投稿日:

UEBAとはUser and Entity Behavior Analyticsの略で、ユーザやシステムの振る舞いを機械学習する事で、ユーザ/システムの異常な振る舞いや不正な活動を検知する分析技術の事を指します。

UEBAによって、未知のマルウェアの活動を検知したり、ユーザの内部不正の傾向などを検知する事ができます。UEBAではFirewall、IDS、IPS、WAF、ProxyなどのログとADから得られるユーザ情報、端末から得られるIP、もしくはログなどの相関関係をインプットとして機械学習します。

UEBA(User and Entity Behavior Analytics)とは

UEBAの製品にもよりますが、以下のような不正な活動を検知する事が可能です。

  • 他のユーザIDを悪用した情報搾取・データ改ざんなどの内部不正
  • マルウェアの活動
  • 外部からのサイバー攻撃

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

短縮URLとセキュリティ問題

短縮URLとはオリジナルのURLにリダイレクトするように設定された文字数が短いURLの事を言います。例えば、https://www.cyber-attack.net/cyber-security-di …

脆弱性診断とペンテストの違い 図解サイバーセキュリティ用語

脆弱性スキャンとペンテストを同じと思っている方も多いと思いますが、脆弱性を発見する所までは同じでもその後のプロセスが違ってきます。脆弱性スキャンは脆弱性診断とも言われますが、脆弱性を発見する事を重点に …

ハッシュ関数、MD5とSHAとは?

ハッシュ関数とは、あるデータをインプットとしてそのデータを要約する16進数の数列を生成する関数の事を言います。ハッシュ関数はデータ固有の値(ハッシュ値)を生成しますので、データが違うとそのハッシュ値も …

CDoSとは 中国発信のDoS攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

CDoSとはChina DoSの略で、中国からのDoS攻撃の事を指します。この言葉が作られた理由は単純に中国からのDoS攻撃が多いからです。これは対日本に限ったわけではなくアメリカや東南アジア、欧州に …

ドロッパーとは? 図解サイバーセキュリティ用語

ドロッパーとはトロイの木馬の一種で、ユーザがドロッパーの実行ファイルを実行すると、ウィルスをシステムにドロップ(生成)します。ドロッパー自体は不正な活動を積極的には行いません。しかもドロッパーはウィル …