図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

スパムメールの由来・語源とは?

投稿日:

スパムメールとは、宣伝目的のメールを無差別かつ大量に送信されるメールの事を言います。スパムメールは皆さんの個人のメールにも会社のメールにも送信されており、世界で送信されているメールの70%ほどがスパムメールという調査もあります。つまり本物のメールは30%しかないという事です。

出典:http://www.spam-jp.com/

スパムメールのスパムは食品のSPAMが語源です。アメリカではとても有名な(ありふれた)食品の1つで、日本でもスーパーなどで見かけた事があるかもしれません。スパムはそのままフライパンで焼いて食べてもいいし、サンドイッチにしても良し、サラダの足しにしても良しと万能な食物です。ではなぜこのスパムがスパムメールの語源となってしまったのでしょうか?それは1969年から1974年にイギリスで放送されたテレビショー、「空飛ぶモンティ・パイソン」の1シーンがスパムメールの語源の由来となったと言われています。

空飛ぶモンティ・パイソン

「空飛ぶモンティ・パイソン」はイギリスのコメディ番組で、その中で「スパムの多い食堂」というコントがあります。ある客がどんなメニューがあるかを聞くと、「卵スパム」「卵ベーコンスパム」「卵ベーコンソーセージスパム」「スパムベーコンソーセージスパム」などなどメニューのほとんどにスパムが入っていました。その客が「スパムは嫌いなの」と怒ると、食堂に何故かお客として来ていたバイキング(海賊)たちが「スパム、スパム、スパム、スパム~」と歌いだして、スパムはおいしいと称え始めます。

 

つまり、客がスパムを食べたくないのに、

  • お店が面白がってスパムを強要しようとしている事と
  • 大量にスパムのメニューが存在している事
  • バイキングが大勢で「スパム、スパム、スパム~」と意味もなく歌って迷惑をかける事

がスパム=受信者の意向を無視して、大量に送信されるもの、という意味になったと考えられています。

空飛ぶモンティ・パイソンが由来のもう一つのIT用語

じつは「空飛ぶモンティ・パイソン」が語源のIT用語がもう一つあります。それはプログラミング言語のPython(パイソン)です。Pythonの開発者であるオランダ人のグイド・ヴァンロッサムがこの「空飛ぶモンティ・パイソン」から名前を付けたそうです。ちなみに、Pythonにはニシキヘビや大蛇という意味がありますので、プログラミングのPythonの方はニシキヘビがマスコットキャラクターとなっています。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

デジタルタトゥーとは?

デジタルタトゥーとは、インターネット上で公開されたり流出した個人情報などは、後から消すことが極めて難しい事を入れ墨に例えた表現です。もしかするとインターネット上で拡散した情報を消すより入れ墨を消す方が …

レインボーテーブル(Rainbow Table)とは

レインボーテーブルとは、パスワードを解析するための総当たり攻撃を高速化するために、すべてのパスワード候補(文字列)に対するハッシュ値をあらかじめ計算して表にしたものです。このレインボーテーブルはパスワ …

no image

メルトダウンとスペクター、CPUの脆弱性

インテル系のCPUに脆弱性が見つかりました。それらはメルトダウンとスペクターと名付けられています。メルトダウンとスペクターの脆弱性は、アプリケーションが他のアプリケーションで利用しているメモリ領域を読 …

ディープウェブ、ダークウェブって何? 図解サイバーセキュリティ用語

インターネット上では様々な情報を収集することができますが、良い情報ばかりではありません。インターネットは犯罪者が違法な情報(他人のクレジットカードや個人情報など)や物(麻薬や武器など)を売買するための …

サイバー攻撃の可視化ツール Cyber Threat Maps 図解サイバーセキュリティ用語

サイバー攻撃の可視化ツールはCyber Threats Mapとも呼ばれ、サイバー攻撃の規模や方向などを地図を使ってビジュアル化したものです。この可視化ツールだけ見ても何の分析にもなりませんが、以下の …