図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

スパムメールの由来・語源とは?

投稿日:

スパムメールとは、宣伝目的のメールを無差別かつ大量に送信されるメールの事を言います。スパムメールは皆さんの個人のメールにも会社のメールにも送信されており、世界で送信されているメールの70%ほどがスパムメールという調査もあります。つまり本物のメールは30%しかないという事です。

出典:http://www.spam-jp.com/

スパムメールのスパムは食品のSPAMが語源です。アメリカではとても有名な(ありふれた)食品の1つで、日本でもスーパーなどで見かけた事があるかもしれません。スパムはそのままフライパンで焼いて食べてもいいし、サンドイッチにしても良し、サラダの足しにしても良しと万能な食物です。ではなぜこのスパムがスパムメールの語源となってしまったのでしょうか?それは1969年から1974年にイギリスで放送されたテレビショー、「空飛ぶモンティ・パイソン」の1シーンがスパムメールの語源の由来となったと言われています。

空飛ぶモンティ・パイソン

「空飛ぶモンティ・パイソン」はイギリスのコメディ番組で、その中で「スパムの多い食堂」というコントがあります。ある客がどんなメニューがあるかを聞くと、「卵スパム」「卵ベーコンスパム」「卵ベーコンソーセージスパム」「スパムベーコンソーセージスパム」などなどメニューのほとんどにスパムが入っていました。その客が「スパムは嫌いなの」と怒ると、食堂に何故かお客として来ていたバイキング(海賊)たちが「スパム、スパム、スパム、スパム~」と歌いだして、スパムはおいしいと称え始めます。

 

つまり、客がスパムを食べたくないのに、

  • お店が面白がってスパムを強要しようとしている事と
  • 大量にスパムのメニューが存在している事
  • バイキングが大勢で「スパム、スパム、スパム~」と意味もなく歌って迷惑をかける事

がスパム=受信者の意向を無視して、大量に送信されるもの、という意味になったと考えられています。

空飛ぶモンティ・パイソンが由来のもう一つのIT用語

じつは「空飛ぶモンティ・パイソン」が語源のIT用語がもう一つあります。それはプログラミング言語のPython(パイソン)です。Pythonの開発者であるオランダ人のグイド・ヴァンロッサムがこの「空飛ぶモンティ・パイソン」から名前を付けたそうです。ちなみに、Pythonにはニシキヘビや大蛇という意味がありますので、プログラミングのPythonの方はニシキヘビがマスコットキャラクターとなっています。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

リスクの保有・低減・回避・移転

リスクとは被害を被る可能性の事です。ITではリスクは脆弱性・脅威・情報資産の3つの組み合わせによって表現する事ができ、その発生頻度や影響度によってリスクに対する対策が変わってきます。リスク対策として4 …

フィッシングメールとは 図解サイバーセキュリティ用語

最近良く聞く言葉の1つにフィッシングという言葉があります。会社でもセキュリティ部からアナウンスがあって「最近フィッシングメールが流行していますので、怪しいメールは絶対に開かないようにしてください。」と …

ブルートフォース攻撃(総当たり攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

ブルートフォース(brute force)とは「強引な」とか「力ずく」という意味で、ユーザのアカウント・パスワードを入手するため、もしくは暗号を解読するために考えられる全てのパターンを自動的に試す手法 …

サイバー保険とは? 日本におけるサイバー保険の現状 図解サイバーセキュリティ用語

少し前まではサイバー攻撃は映画やドラマの中で行われる、めったにない事件という認識があり、時々ニュースになると非常に驚いていたと思います。しかしながら最近ではサイバー攻撃は毎日のように発生しており、誰も …

IoC(Indicator of Compromise)とは?

IOCとは?東京オリンピックではなく・・・

IOCと言うと多くの方がオリンピックを主催するInternational Olympic Committeeの事を思いつくと思いますが、セキュリティの世界ではIOCは違う意味があります。もっともIOC …