図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

スパムメールの由来・語源とは?

投稿日:

スパムメールとは、宣伝目的のメールを無差別かつ大量に送信されるメールの事を言います。スパムメールは皆さんの個人のメールにも会社のメールにも送信されており、世界で送信されているメールの70%ほどがスパムメールという調査もあります。つまり本物のメールは30%しかないという事です。

出典:http://www.spam-jp.com/

スパムメールのスパムは食品のSPAMが語源です。アメリカではとても有名な(ありふれた)食品の1つで、日本でもスーパーなどで見かけた事があるかもしれません。スパムはそのままフライパンで焼いて食べてもいいし、サンドイッチにしても良し、サラダの足しにしても良しと万能な食物です。ではなぜこのスパムがスパムメールの語源となってしまったのでしょうか?それは1969年から1974年にイギリスで放送されたテレビショー、「空飛ぶモンティ・パイソン」の1シーンがスパムメールの語源の由来となったと言われています。

空飛ぶモンティ・パイソン

「空飛ぶモンティ・パイソン」はイギリスのコメディ番組で、その中で「スパムの多い食堂」というコントがあります。ある客がどんなメニューがあるかを聞くと、「卵スパム」「卵ベーコンスパム」「卵ベーコンソーセージスパム」「スパムベーコンソーセージスパム」などなどメニューのほとんどにスパムが入っていました。その客が「スパムは嫌いなの」と怒ると、食堂に何故かお客として来ていたバイキング(海賊)たちが「スパム、スパム、スパム、スパム~」と歌いだして、スパムはおいしいと称え始めます。

 

つまり、客がスパムを食べたくないのに、

  • お店が面白がってスパムを強要しようとしている事と
  • 大量にスパムのメニューが存在している事
  • バイキングが大勢で「スパム、スパム、スパム~」と意味もなく歌って迷惑をかける事

がスパム=受信者の意向を無視して、大量に送信されるもの、という意味になったと考えられています。

空飛ぶモンティ・パイソンが由来のもう一つのIT用語

じつは「空飛ぶモンティ・パイソン」が語源のIT用語がもう一つあります。それはプログラミング言語のPython(パイソン)です。Pythonの開発者であるオランダ人のグイド・ヴァンロッサムがこの「空飛ぶモンティ・パイソン」から名前を付けたそうです。ちなみに、Pythonにはニシキヘビや大蛇という意味がありますので、プログラミングのPythonの方はニシキヘビがマスコットキャラクターとなっています。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

レインボーテーブル(Rainbow Table)とは

レインボーテーブルとは、パスワードを解析するための総当たり攻撃を高速化するために、すべてのパスワード候補(文字列)に対するハッシュ値をあらかじめ計算して表にしたものです。このレインボーテーブルはパスワ …

ビジネスメール詐欺(BEC)とは? 図解サイバーセキュリティ用語 

IPAが偽口座への送金を促すビジネスメール詐欺への注意喚起を行っています。ビジネスメール詐欺はBECとも言われており、BECはBusiness Email Compromiseの略です。このビジネスメ …

コンテンツフィルタリングとは?

コンテンツフィルタリングとは、主にWebサイト・Webページの内容を監視して、あらかじめ設定された条件を基にWebサイトの閲覧を許可・禁止するシステムの事を言います。コンテンツフィルタリングはWebコ …

サイバーキルチェーンとは 図解サイバーセキュリティ用語

サイバーキルチェーンとはロッキードマーティン社が考案したもので、攻撃者目線で攻撃のステージを定義してそれに対して何を行う必要があるかを分析するためのフレームワークです。ロッキードマーティン社は軍事産業 …

サイバーレジリエンスとは 図解サイバーセキュリティ用語

サイバーレジリエンスはBCPのコンセプトと似ており、サイバー攻撃と受けて被害にあった場合でもシステムの重要度に基づいていかに効率よく復旧するか、という考え方です。つまり、サイバーレジリエンスではサイバ …