図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

スパムメールの由来・語源とは?

投稿日:

スパムメールとは、宣伝目的のメールを無差別かつ大量に送信されるメールの事を言います。スパムメールは皆さんの個人のメールにも会社のメールにも送信されており、世界で送信されているメールの70%ほどがスパムメールという調査もあります。つまり本物のメールは30%しかないという事です。

出典:http://www.spam-jp.com/

スパムメールのスパムは食品のSPAMが語源です。アメリカではとても有名な(ありふれた)食品の1つで、日本でもスーパーなどで見かけた事があるかもしれません。スパムはそのままフライパンで焼いて食べてもいいし、サンドイッチにしても良し、サラダの足しにしても良しと万能な食物です。ではなぜこのスパムがスパムメールの語源となってしまったのでしょうか?それは1969年から1974年にイギリスで放送されたテレビショー、「空飛ぶモンティ・パイソン」の1シーンがスパムメールの語源の由来となったと言われています。

空飛ぶモンティ・パイソン

「空飛ぶモンティ・パイソン」はイギリスのコメディ番組で、その中で「スパムの多い食堂」というコントがあります。ある客がどんなメニューがあるかを聞くと、「卵スパム」「卵ベーコンスパム」「卵ベーコンソーセージスパム」「スパムベーコンソーセージスパム」などなどメニューのほとんどにスパムが入っていました。その客が「スパムは嫌いなの」と怒ると、食堂に何故かお客として来ていたバイキング(海賊)たちが「スパム、スパム、スパム、スパム~」と歌いだして、スパムはおいしいと称え始めます。

 

つまり、客がスパムを食べたくないのに、

  • お店が面白がってスパムを強要しようとしている事と
  • 大量にスパムのメニューが存在している事
  • バイキングが大勢で「スパム、スパム、スパム~」と意味もなく歌って迷惑をかける事

がスパム=受信者の意向を無視して、大量に送信されるもの、という意味になったと考えられています。

空飛ぶモンティ・パイソンが由来のもう一つのIT用語

じつは「空飛ぶモンティ・パイソン」が語源のIT用語がもう一つあります。それはプログラミング言語のPython(パイソン)です。Pythonの開発者であるオランダ人のグイド・ヴァンロッサムがこの「空飛ぶモンティ・パイソン」から名前を付けたそうです。ちなみに、Pythonにはニシキヘビや大蛇という意味がありますので、プログラミングのPythonの方はニシキヘビがマスコットキャラクターとなっています。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

キーロガーとは 図解サイバーセキュリティ用語

キーロガー(keylogger)とはパソコン等のキーボードの入力を監視してそれを記録するソフトウェアの事を言います。キーロガーによって記録された情報からユーザが何をタイプしたのかがわかります。つまり、 …

アドウェア(Adware)とは?

アドウェア(Adware)とは、ブラウザのツールバーに組み込まれたり、OSのスタートアップに登録されたりして勝手に広告のポップアップ画面などを表示するプログラムの事を言います。アドウェアの多くは広告を …

ゼロデイ攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

ゼロデイ攻撃とは、システムやアプリケーションに脆弱性が発見され、ベンダーが修正パッチをリリースする前にその脆弱性を悪用した攻撃の事を言います。ベンダーが提供する修正パッチのリリース日をワンデイ(1 d …

SSLサーバ証明書とは 図解サイバーセキュリティ用語

SSLサーバ証明書は、クライアントとサーバ間で行う暗号化通信に必要な鍵やWebサイトの所有者情報などを含む電子証明書です。SSLサーバ証明書を利用することによって、以下の2つの目的を達成します。 We …

職務分掌・職務分離とは?

職務分掌とは部署や役職ごとに必要な責任や権限を明確にして定義する事を言います。職務分掌と似たような言葉に職務分離があります。ほぼ同じ意味ですが、職務分掌は人事要素が強い一方で職務分離にはコンプライアン …