図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

SOC(セキュリティオペレーションセンター)とは 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年4月7日 更新日:

SOCとはセキュリティオペレーションセンターの略で、「ソック」と呼びます。SOCのメインの業務はセキュリティの監視です。ITの世界では監視とはOSやデバイスのログを収集して異常なログを見つけ出しすことを指します。つまりセキュリティの監視とはセキュリティに関係するデバイスやシステムのログを収集して異常なイベントを見つけ出す事です。

SOCは「センター」という言葉が付くように一般のIT部門とは別のフロアやオフィスに位置することが多いです。ある会社では映画に出てくるようなカッコいいオフィスでセキュリティ監視を行っているところもありますが、その会社が外部向けにSOCサービスを展開しているか、社内向けのSOCなのかによっても規模や豪華さがまったく違ってきます。

SOCの概要

セキュリティの監視では主に以下のようなデバイスのログをチェックします。

  • Firewall
  • IDS・IPS
  • アンチウィルス
  • メールサーバ
  • Active Directoryなどの認証サーバ
  • Webフィルタリング

これらのログを1つ1つ監視するのは大変ですので、これらのログをSIEM(Security Information and Event Management)というシステムに集約します。そしてSIEMに検知したい異常なイベントのルールなどを登録することで、自動的に異常を検知してアラートをSOCに送信することができます。SOCはそのアラートを基にどのような異常が発生してどのようなインパクトがあるのかを調査します。

SOCとは

調査の結果、実際のサイバー攻撃であったり被害が発生している場合はセキュリティインシデントと認定してCSIRTなどの組織に連絡します。その後はCSIRTがメインでインシデント対応を行う事となります。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

サイバーインテリジェンス(Cyber Intelligence) 図解サイバーセキュリティ用語

インテリジェンスを日本語で訳すのは難しいですが、諜報活動から得られる情報と訳す事ができます。ただしこれは戦争や政治の世界で使われる意味で、サイバーセキュリティでのインテリジェンスの意味は少し違ってきま …

ブルートフォース攻撃(総当たり攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

ブルートフォース(brute force)とは「強引な」とか「力ずく」という意味で、ユーザのアカウント・パスワードを入手するため、もしくは暗号を解読するために考えられる全てのパターンを自動的に試す手法 …

バックドア(backdoor)とは? 図解サイバーセキュリティ用語

バックドア(backdoor)は日本語では「裏口」という意味がありますが、セキュリティ用語では不正に仕込まれたトロイの木馬などのマルウェアの事で、C2サーバ経由で外部の攻撃者のコマンドを受け入れてパソ …

諜報活動はOSINT、SIGINT、HUMINTの3種類が基本 図解サイバーセキュリティ用語

サイバー空間上の諜報活動にはOSINT、SIGINT、HUMINTの3つの種類があります。これらは元々軍事用語として利用されていましたが、現在のサイバー空間上の諜報活動は戦争での諜報活動と同じように行 …

ブラウザクラッシャー(ブラクラ)とは?

ブラウザクラッシャーはブラクラとも言われており、WebブラウザやOSのバグや仕様を悪用したHTMLやJavascriptをWebページに組み込む事でユーザのパソコンに大量のポップアップ画面を表示したり …