図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

CDoSとは 中国発信のDoS攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年4月7日 更新日:

CDoSとはChina DoSの略で、中国からのDoS攻撃の事を指します。この言葉が作られた理由は単純に中国からのDoS攻撃が多いからです。これは対日本に限ったわけではなくアメリカや東南アジア、欧州に対して中国が多くのDoS攻撃が発生しています。

実際に中国からDoS攻撃が発生する場合もありますが、中国のハッカー(もしくは政府・軍関係機関)が他国に存在するゾンビサーバ・ゾンビマシーンなどを利用して攻撃することで、中国が実行したDoSではないと主張しています。

CDoSの説明

DoS攻撃は非常にシンプルな攻撃にも関わらず重大な被害を被る事が可能ですが、最近ではAkamaiなどがDoS攻撃を防ぐサービスを提供いますのでそのようなサービスを実装している会社は被害を最小限に抑える事が可能となっています。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

ディープウェブ、ダークウェブって何? 図解サイバーセキュリティ用語

インターネット上では様々な情報を収集することができますが、良い情報ばかりではありません。インターネットは犯罪者が違法な情報(他人のクレジットカードや個人情報など)や物(麻薬や武器など)を売買するための …

認証と認可の違いとは?

ITの世界では頻繁に「認証」と「認可」という言葉を利用します。特にIAM(Identity Access Management)の分野でこれらの言葉は区別して利用されています。一般ユーザからすると「認 …

PDoS(Permanent Denial of Service)とは?

PDoSとはPermanent Denial of Serviceの略で、サービスを不能にする事以上にハードウェアを破壊する事によって永久にサービスを不能にする事を目的としている攻撃の手法の事を言いま …

リスクの保有・低減・回避・移転

リスクとは被害を被る可能性の事です。ITではリスクは脆弱性・脅威・情報資産の3つの組み合わせによって表現する事ができ、その発生頻度や影響度によってリスクに対する対策が変わってきます。リスク対策として4 …

IDSとIPSの違い 侵入検知システムとは 図解サイバーセキュリティ用語

侵入検知システムとは、不正な通信や悪意のある通信を検知するシステムの事を言います。侵入検知システムにはIDSとIPSの2種類あり、IDSはIntrusion Detection Systemの略で、不 …