図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

UTM(Unified Threat Managemen)とは 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年4月6日 更新日:

UTMとは複数のセキュリティ対策を1つのアプライアンスに集約することで、総合的にかつ統合的にセキュリティ対策を行うコンセプトの事を言います。もしくはそのようなアプライアンスの事を指します。

UTMに集約されるセキュリティ対策としては主に以下のような機能です。

  • Firewall
  • IDS・IPS
  • Webフィルタリング
  • アンチウィルス
  • アンチスパム

通常はこれらのシステムは別々に配置され、かつバラバラのベンダーから購入してバラバラのサポート契約を結ぶ必要があります。これらのセキュリティ対策製品を別々に購入する場合は総合的になセキュリティの効果を検討せずに部分対策として導入されることが多いですので、総合的に見ると不要な製品や機能が存在したり、不要なコストが発生したりします。逆にセキュリティのギャップも存在することが多いです。

UTMの場合は上記のようなセキュリティ対策が1つのアプライアンスに入っていますので、総合的にセキュリティ対策をとることが可能で、設計や構成も非常にシンプルとなります。

UTMとは Unified Threat Management

UTMは非常に便利に見えますが、複雑なネットワークを構成している会社に導入する場合は効果的な配置を慎重に検討する必要があり、必要であれば複数のUTMや別途セキュリティ製品を別建てする事もあり得ますので、注意が必要です。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

ドロッパーとは? 図解サイバーセキュリティ用語

ドロッパーとはトロイの木馬の一種で、ユーザがドロッパーの実行ファイルを実行すると、ウィルスをシステムにドロップ(生成)します。ドロッパー自体は不正な活動を積極的には行いません。しかもドロッパーはウィル …

二要素認証 図解サイバーセキュリティ用語

二要素認証とは以下の特徴を持つ要素(情報)の中から2つの要素を利用した認証方法です。 ユーザが知っている情報(Something you know) ユーザが持っている情報(Something you …

認証と認可の違いとは?

ITの世界では頻繁に「認証」と「認可」という言葉を利用します。特にIAM(Identity Access Management)の分野でこれらの言葉は区別して利用されています。一般ユーザからすると「認 …

スパムメールの由来・語源とは?

スパムメールとは、宣伝目的のメールを無差別かつ大量に送信されるメールの事を言います。スパムメールは皆さんの個人のメールにも会社のメールにも送信されており、世界で送信されているメールの70%ほどがスパム …

データダイオードとは?

データダイオードとは データダイオード(Data Diode)とはネットワーク上でデータを一方向(片方向)のみの通信を実現させるためのアプライアンスの事を言います。一般的にFirewallはOSI参照 …