図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)とは 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月30日 更新日:

WAFはWeb Application Firewallの略で、Webサービスを攻撃から保護するためのシステムです。WAFはHTTP通信を分析して、悪意のあるコマンドやパラメータを含む通信をブロックします。WAFがブロックできる攻撃の例は以下の通りです。

  • SQLインジェクション
  • クロスサイトスクリプティング
  • セッションハイジャック
  • ディレクトリトラバーサル
  • パスワードリスト攻撃
  • その他脆弱性を悪用した攻撃(OpenSSL、Apache Strutsの脆弱性など)

Firewallの限界

Firewallは不要なポートを閉じて必要最小限の通信のみ許可することによって、外部からの不正な通信や攻撃のリスクを削減することができます。一方で必要なポートは解放する必要がありますので、HTTPやHTTPSなどのWebサービスへのアクセスに必要なポートは解放する必要があります。つまり、HTTPの通信に不正な通信や悪意のある通信が紛れ込んでいても、Firewallはそれをブロックすることはできません。

WAF、Web Application Firewallとは

WAFによる攻撃のブロック

そこで、登場したのがWAFです。WAFは多層防御の1つとして、Webサーバの脆弱性を悪用するような攻撃を検知してブロックすることによって、Webサーバを保護します。

WAFの説明

WAFはブラックリスト方式とホワイトリスト方式の両方でWebに対する攻撃を検知することができます。ブラックリスト方式としてはシグネチャによるパターンマッチングを行う事により、不正な通信を検知します。不正なシグネチャは毎日定期的にWAFベンダー等からアップデートする必要があります。ホワイトリスト方式はあらかじめ正常な通信パターンを定義して、それと同じ通信は許可するという方法です。ホワイトリスト方式は確実に不正な通信を除去することができますが、正常な通信パターンを定義するための事前準備がとても大変です。最近のWAFには機械学習によって正常な通信パターンの定義をサポートしてくれる機能があるようです。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

諜報活動はOSINT、SIGINT、HUMINTの3種類が基本 図解サイバーセキュリティ用語

サイバー空間上の諜報活動にはOSINT、SIGINT、HUMINTの3つの種類があります。これらは元々軍事用語として利用されていましたが、現在のサイバー空間上の諜報活動は戦争での諜報活動と同じように行 …

フィッシングメールとは 図解サイバーセキュリティ用語

最近良く聞く言葉の1つにフィッシングという言葉があります。会社でもセキュリティ部からアナウンスがあって「最近フィッシングメールが流行していますので、怪しいメールは絶対に開かないようにしてください。」と …

アドウェア(Adware)とは?

アドウェア(Adware)とは、ブラウザのツールバーに組み込まれたり、OSのスタートアップに登録されたりして勝手に広告のポップアップ画面などを表示するプログラムの事を言います。アドウェアの多くは広告を …

ヒューリスティック検知 図解サイバーセキュリティ用語

ヒューリスティック検知は、プログラムの実行ファイルの挙動を分析して通常ありえない動作、例えばOSの動作に関連するレジストリ・ライブラリなどへの書き込みや特権IDのパスワード変更など、を検知して異常とみ …

ゼロデイ攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

ゼロデイ攻撃とは、システムやアプリケーションに脆弱性が発見され、ベンダーが修正パッチをリリースする前にその脆弱性を悪用した攻撃の事を言います。ベンダーが提供する修正パッチのリリース日をワンデイ(1 d …