図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

サイバーセキュリティとセキュリティの違い 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月27日 更新日:

サイバーとはインターネットが形成する情報空間の事を表します。ではセキュリティとサイバーセキュリティの違いは何でしょうか?サイバーセキュリティはセキュリティという大きなカテゴリの中の1つの分野です。セキュリティには物理セキュリティや論理セキュリティが存在します。物理セキュリティは警備員、監視カメラ、ゲート、ドアロック、など物理的観点から大切な資産を保護します。一方で論理セキュリティはアカウント管理、パスワード、FWなどのセキュリティ製品、ウィルス対策、ログ監視、などコンピュータ上、ネットワーク上で論理的な観点から大切な資産を保護します。

サイバーセキュリティとセキュリティの違い

サイバーセキュリティとは、攻撃者が行う不正侵入、改ざん、DoS攻撃、なりすまし、不正アクセスなどの悪意のある攻撃から資産を守り、安全を確保することを言います。ちなみにこれらの攻撃をサイバー攻撃と呼びます。今までは物理セキュリティや論理セキュリティだけで十分なセキュリティ対策ができていましたが、昨今はこれらに加えてサイバーセキュリティ対策を行う必要性がでてきました。

このような状況によって、サイバーという言葉は様々な場所で利用されるようになりました。例えば、サイバーチーム、サイバーセキュリティコンサルタント、サイバーインテリジェンス、サイバー脅威など、「サイバー」を付けてサイバー攻撃に対応する事に重点を置くようになってきています。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

SQLインジェクション攻撃とは

SQLインジェクション(SQL Injection)とは、アプリケーション(特にWebアプリケーション)がユーザ等からの入力値を適切にエスケープしないままその入力値をSQLコマンドとして実行する事で、 …

レッドチーム(Red Team)とブルーチーム(Blue Team) 図解サイバーセキュリティ用語

最近、レッドチーム演習というサービスが流行っています。いくつかのセキュリティ専門ベンダーやコンサルタント会社が企業にたいしてレッドチーム演習を提供していることが、IT系のWebメディアで伝えられていま …

fiewall

Firewall(ファイアウォール)とは、パケットフィルタリングとアプリケーションゲートウェイ

Firewall(ファイアウォール)は日本語だと防火壁の事で、火の侵入を防いで火事が拡大することを防ぐ壁の事を言います。コンピュータの世界ではFirewall(ファイアウォール)は外部の不正な通信や攻 …

ソーシャルエンジニアリングとは

ソーシャルエンジニアリングとは、個人の情報や企業情報などをコンピュータやネットワーク経由で入手するのではなく、物理的な手段もしくは心理的な手段によって入手する事を言います。ソーシャルエンジニアリングは …

ブルートフォース攻撃(総当たり攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

ブルートフォース(brute force)とは「強引な」とか「力ずく」という意味で、ユーザのアカウント・パスワードを入手するため、もしくは暗号を解読するために考えられる全てのパターンを自動的に試す手法 …