図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

サイバーセキュリティとセキュリティの違い 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月27日 更新日:

サイバーとはインターネットが形成する情報空間の事を表します。ではセキュリティとサイバーセキュリティの違いは何でしょうか?サイバーセキュリティはセキュリティという大きなカテゴリの中の1つの分野です。セキュリティには物理セキュリティや論理セキュリティが存在します。物理セキュリティは警備員、監視カメラ、ゲート、ドアロック、など物理的観点から大切な資産を保護します。一方で論理セキュリティはアカウント管理、パスワード、FWなどのセキュリティ製品、ウィルス対策、ログ監視、などコンピュータ上、ネットワーク上で論理的な観点から大切な資産を保護します。

サイバーセキュリティとセキュリティの違い

サイバーセキュリティとは、攻撃者が行う不正侵入、改ざん、DoS攻撃、なりすまし、不正アクセスなどの悪意のある攻撃から資産を守り、安全を確保することを言います。ちなみにこれらの攻撃をサイバー攻撃と呼びます。今までは物理セキュリティや論理セキュリティだけで十分なセキュリティ対策ができていましたが、昨今はこれらに加えてサイバーセキュリティ対策を行う必要性がでてきました。

このような状況によって、サイバーという言葉は様々な場所で利用されるようになりました。例えば、サイバーチーム、サイバーセキュリティコンサルタント、サイバーインテリジェンス、サイバー脅威など、「サイバー」を付けてサイバー攻撃に対応する事に重点を置くようになってきています。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

CISO(最高情報セキュリティ責任者)とは?

CISOとはChief Information Security Officerの略で、最高情報セキュリティ責任者の事を言います。CISOは一般的に執行役員レベルのポジションで企業の情報セキュリティに …

第5の戦場、サイバー空間 図解サイバーセキュリティ用語

戦争の歴史は「陸」での争いに始まり船で「海」で各地に進出し、戦闘機で「空」を制覇することで進化を遂げていきました。ここまでを第1の戦場、第2の戦場、第3の戦場と呼んでいました。最近では第4の戦場として …

クリアデスクとクリアスクリーンとは?ISMSとプライバシーマークに必須

クリアデスクとは クリアデスクとは、オフィスなどの不特定多数の人がいる所ではデスクから離席する際にデスク上に業務に関する書類を放置せずにキャビネットなど鍵のかかった場所に保管する方針の事を言います。英 …

異常検知 シグネチャ検知とアノマリー検知 図解サイバーセキュリティ用語

マカフィーやシマンテックなどのウィルス対策ソフトやSourceFireなどのIDS/IPS製品では異常検知を行う事によって、不正なトラフィックや悪意のあるコマンドを検知しています。異常検知には主にシグ …

デジタルタトゥーとは?

デジタルタトゥーとは、インターネット上で公開されたり流出した個人情報などは、後から消すことが極めて難しい事を入れ墨に例えた表現です。もしかするとインターネット上で拡散した情報を消すより入れ墨を消す方が …