図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

POPとIMAPの違い。どちらを選べばいいの? 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月27日 更新日:

メールの受信・閲覧方法にはPOPとIMAPという2種類があります。皆さんが自宅のパソコンでメールを見ている場合は大体がPOPという方法でメールを受信しています。一方でスマホなどのデバイスでメールを見る際はIMAPという方法でメールを閲覧している場合が多いです。ここでは、POPとIMAPの違いを説明して、どちらを選択すれば良いのかを解説します。

POP

POPはPost Office Protocolの略で、ユーザがメールをメールサーバから受信するためのプロトコルです。現在はPOP3という改良されたバージョンが利用されています。POPを利用する場合、ユーザはメールをメールサーバからダウンロードし、メールのデータはユーザのパソコンの中に保存されます。

POPとIMAPの違い

IMAP

IMAPはInternet Message Access Protocolの略で、ユーザはメールサーバにアクセスして、メールサーバ上に保存されているメールを閲覧する方法です。つまりPOPと違ってIMAPはメールのデータをユーザのパソコンにダウンロードしません。

POPとIMAPの違い

POPとIMAPのどちらを選ぶか?

ユーザが1つのパソコンでメールを見る場合はPOPでもIMAPでもあまり違いはありません。しいて言えば、IMAPの場合はメールをパソコンにダウンロードしませんので、都度メールサーバにアクセスしてメールを閲覧する必要があります。つまり、インターネットが接続されていないといけませんし、インターネットが遅い場合はメールを閲覧するのに時間がかかったりします。

ユーザが2つ以上のパソコンもしくはスマホでメールを閲覧する場合はPOPではなくIMAPの方が便利となります。なぜなら、POPで1つのパソコンからメールを利用している場合は、そのパソコンにメールがダウンロードされます。またそのパソコンからメールが送信されても、その送信メールのデータはPOPには保存されませんので、2台目のスマホからアクセスすると、それらのメールを閲覧することはできません。

POPとIMAPの違い

一方で、IMAPを利用した場合はメールのデータはメールサーバ上に残っていますので、2台目のスマホで閲覧してもパソコンで閲覧した内容と同じものを表示することができます。

POPとIMAPの違い

ですので、複数のパソコンやスマホでメールを利用する場合はIMAPを利用すると便利です。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

ディープウェブ、ダークウェブって何? 図解サイバーセキュリティ用語

インターネット上では様々な情報を収集することができますが、良い情報ばかりではありません。インターネットは犯罪者が違法な情報(他人のクレジットカードや個人情報など)や物(麻薬や武器など)を売買するための …

IoC(Indicator of Compromise)とは?

IOCとは?東京オリンピックではなく・・・

IOCと言うと多くの方がオリンピックを主催するInternational Olympic Committeeの事を思いつくと思いますが、セキュリティの世界ではIOCは違う意味があります。もっともIOC …

アドウェア(Adware)とは?

アドウェア(Adware)とは、ブラウザのツールバーに組み込まれたり、OSのスタートアップに登録されたりして勝手に広告のポップアップ画面などを表示するプログラムの事を言います。アドウェアの多くは広告を …

第5の戦場、サイバー空間 図解サイバーセキュリティ用語

戦争の歴史は「陸」での争いに始まり船で「海」で各地に進出し、戦闘機で「空」を制覇することで進化を遂げていきました。ここまでを第1の戦場、第2の戦場、第3の戦場と呼んでいました。最近では第4の戦場として …

マルウェア、ウィルス、ワーム、トロイの木馬、ランサムウェア これらの違いは? 図解サイバーセキュリティ用語

最近は新聞にもよくマルウェアやウィルスなどの言葉が載っているので、マルウェアやウィルスが何者かのかはご存知だと思いますが、マルウェアとウィルスの違いを知っていますか?ちなみに、それ以外の言葉でワームと …