図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

POPとIMAPの違い。どちらを選べばいいの? 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月27日 更新日:

メールの受信・閲覧方法にはPOPとIMAPという2種類があります。皆さんが自宅のパソコンでメールを見ている場合は大体がPOPという方法でメールを受信しています。一方でスマホなどのデバイスでメールを見る際はIMAPという方法でメールを閲覧している場合が多いです。ここでは、POPとIMAPの違いを説明して、どちらを選択すれば良いのかを解説します。

POP

POPはPost Office Protocolの略で、ユーザがメールをメールサーバから受信するためのプロトコルです。現在はPOP3という改良されたバージョンが利用されています。POPを利用する場合、ユーザはメールをメールサーバからダウンロードし、メールのデータはユーザのパソコンの中に保存されます。

POPとIMAPの違い

IMAP

IMAPはInternet Message Access Protocolの略で、ユーザはメールサーバにアクセスして、メールサーバ上に保存されているメールを閲覧する方法です。つまりPOPと違ってIMAPはメールのデータをユーザのパソコンにダウンロードしません。

POPとIMAPの違い

POPとIMAPのどちらを選ぶか?

ユーザが1つのパソコンでメールを見る場合はPOPでもIMAPでもあまり違いはありません。しいて言えば、IMAPの場合はメールをパソコンにダウンロードしませんので、都度メールサーバにアクセスしてメールを閲覧する必要があります。つまり、インターネットが接続されていないといけませんし、インターネットが遅い場合はメールを閲覧するのに時間がかかったりします。

ユーザが2つ以上のパソコンもしくはスマホでメールを閲覧する場合はPOPではなくIMAPの方が便利となります。なぜなら、POPで1つのパソコンからメールを利用している場合は、そのパソコンにメールがダウンロードされます。またそのパソコンからメールが送信されても、その送信メールのデータはPOPには保存されませんので、2台目のスマホからアクセスすると、それらのメールを閲覧することはできません。

POPとIMAPの違い

一方で、IMAPを利用した場合はメールのデータはメールサーバ上に残っていますので、2台目のスマホで閲覧してもパソコンで閲覧した内容と同じものを表示することができます。

POPとIMAPの違い

ですので、複数のパソコンやスマホでメールを利用する場合はIMAPを利用すると便利です。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

ドロッパーとは? 図解サイバーセキュリティ用語

ドロッパーとはトロイの木馬の一種で、ユーザがドロッパーの実行ファイルを実行すると、ウィルスをシステムにドロップ(生成)します。ドロッパー自体は不正な活動を積極的には行いません。しかもドロッパーはウィル …

レッドチーム(Red Team)とブルーチーム(Blue Team) 図解サイバーセキュリティ用語

最近、レッドチーム演習というサービスが流行っています。いくつかのセキュリティ専門ベンダーやコンサルタント会社が企業にたいしてレッドチーム演習を提供していることが、IT系のWebメディアで伝えられていま …

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)とは 図解サイバーセキュリティ用語

WAFはWeb Application Firewallの略で、Webサービスを攻撃から保護するためのシステムです。WAFはHTTP通信を分析して、悪意のあるコマンドやパラメータを含む通信をブロックし …

DMZ(非武装地帯)とは?

DMZとはdemilitalized zoneの略で非武装地帯という意味があります。これは元々は軍事用語として使われており、戦争中もしくは停戦中である国家の間に設けられた地域で、そこでは協定によって軍 …

SIEM(Security Information and Event Management)とは? 図解サイバーセキュリティ用語

SIEMとはSecurity Information and Event Managementの略で「シーム」と読み、様々なシステムで生成されるログを集約して一元管理し、それらのログを分析することで不 …