図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

Pass-the-Hash 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月25日 更新日:

Pass-the-Hashは、攻撃者がパスワードを利用して認証するのではなく、パスワードのハッシュを利用して認証を行う攻撃の事を言います。

通常、認証システムはユーザのパスワードを平文で保存しているわけではなく、暗号化して保存しているわけでもなく、パスワードのハッシュ値のみを保存しています。つまり、ユーザが認証を行う場合はユーザが入力した値のハッシュ値と認証システムが保持しているユーザのパスワードのハッシュ値を比較するのです。

pass-the-hashの説明

Pass-the-Hashはブルートフォース攻撃やパスワードリスト攻撃のように事前にパスワードの平文を用意したり解析したりする必要はなく、パスワードのハッシュ値をそのまま認証サーバにPass(受け渡し)してログオンを行うという仕組みです。

pass-the-hashの仕組み

まず、①攻撃者はパスワードのハッシュを取得する必要があります。パスワードのハッシュ値はSAMデータベースからダンプしたり、クライアントーサーバ間の通信をキャプチャしてNTLMハッシュ値を解析したりする事で取得できます。そして②xfreerdpなどのプログラムを利用してハッシュ値で認証を実行します。③認証対象となったシステムは受け渡されたハッシュ値と認証サーバで管理されているハッシュ値を比較して、④それが一致すれば認証OKとなります。

Pass-the-Hash攻撃の対策

パスワードをハッシュ化するときに、ソルトをパスワードに付加してハッシュ化する事で、攻撃者がハッシュ値を取得してもそれを悪用して認証を通る事ができません。

hash(パスワード+ソルト) =ソルト化ハッシュ

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

ウォードライビングとは?

ウォードライビング(Wardriving)とは、自動車や自転車で移動しながら無線LANのアクセスポイント(AP)を探して記録する事を言います。ウォードライビングは許可されていない無線LANにアクセスす …

ハッシュ関数、MD5とSHAとは?

ハッシュ関数とは、あるデータをインプットとしてそのデータを要約する16進数の数列を生成する関数の事を言います。ハッシュ関数はデータ固有の値(ハッシュ値)を生成しますので、データが違うとそのハッシュ値も …

ソーシャルエンジニアリングとは

ソーシャルエンジニアリングとは、個人の情報や企業情報などをコンピュータやネットワーク経由で入手するのではなく、物理的な手段もしくは心理的な手段によって入手する事を言います。ソーシャルエンジニアリングは …

サイバーインテリジェンス(Cyber Intelligence) 図解サイバーセキュリティ用語

インテリジェンスを日本語で訳すのは難しいですが、諜報活動から得られる情報と訳す事ができます。ただしこれは戦争や政治の世界で使われる意味で、サイバーセキュリティでのインテリジェンスの意味は少し違ってきま …

Miraiとは? 大規模なDDoSを発生させる、IoTをターゲットとしたマルウェア 図解サイバーセキュリティ用語

2016年10月に米Dyn社のDNSサービスをターゲットとしたDDoS攻撃が発生しました。このDDoS攻撃ではなんと何千万という端末から1.2テラバイト/秒のデータがDyn社のDNSサーバに送信された …