図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

サイバーレジリエンスとは 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月22日 更新日:

サイバーレジリエンスはBCPのコンセプトと似ており、サイバー攻撃と受けて被害にあった場合でもシステムの重要度に基づいていかに効率よく復旧するか、という考え方です。つまり、サイバーレジリエンスではサイバー攻撃を防ぐのではなく、サイバー攻撃は必ず発生して全てを守り切れない、という考え方に則った言葉です。レジリエンスは「回復力」という意味があり、いかにサイバー攻撃から回復するか、どのように回復するかという事を事前に計画を行う必要があります。

サイバーレジリエンスでは以下の3点が重要となります。

  • リスク分析によるビジネスインパクトの把握
  • CSIRTによるインシデント対応
  • 経営者の判断

リスク分析によるビジネスインパクトの把握

サイバー攻撃などでITインフラ等が被害にあった場合、全てのシステムを復旧させようとするよりは、まずビジネスに重要なシステム・データを復旧させます。これはBCPと同じ考え方です。重要なシステム・データを把握するためには事前にリスク分析を行い、ビジネスインパクトを分析しておく必要があります。

CSIRTによるインシデント対応

サイバーレジリエンスは、サイバー攻撃は必ず発生して完璧に防ぐ事はできない、という考え方に基づいたものですので、サイバー攻撃が発生した後のプロセスを準備しておく必要があります。一般的にCSIRT(Computer Security Incident Response Team)を設立して、CSIRTがセキュリティインシデントの対応を行うのが一般的です。またプロセスに関しても攻撃タイプ毎にプロセスを分けておく必要があります。また、CSIRTおよび関係部署と連携した定期的なトレーニングを行うのが一般的です。

経営者の判断

サイバー攻撃の被害から復旧するに当たり、何を優先させるのかという判断は経営陣が行う必要がありますので、事前に経営陣に対してサイバーレジリエンスに関する教育を行う必要があります。経営陣以外にもサービスオーナーなどに対してもサイバーレジリエンスの啓蒙活動を行う事によって、本番の際に各ステークホルダーとスムーズなコミュニケーションをとることができます。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

リスクの保有・低減・回避・移転

リスクとは被害を被る可能性の事です。ITではリスクは脆弱性・脅威・情報資産の3つの組み合わせによって表現する事ができ、その発生頻度や影響度によってリスクに対する対策が変わってきます。リスク対策として4 …

UDP Flood攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

UDP Flood攻撃もDoS攻撃の一種で、Flood攻撃に属するものです。UDP Flood攻撃では攻撃者は以下の特徴のUDPパケットを作成して、ターゲットに送付します。 送信元IPを詐称 ランダム …

バックドア(backdoor)とは? 図解サイバーセキュリティ用語

バックドア(backdoor)は日本語では「裏口」という意味がありますが、セキュリティ用語では不正に仕込まれたトロイの木馬などのマルウェアの事で、C2サーバ経由で外部の攻撃者のコマンドを受け入れてパソ …

Wanna Cryptorで見るランサムウェアの仕組み

2017年5月12日に世界中で大規模なサイバー攻撃が発生しました。多くのコンピュータがWanna Cryptorと言うランサムウェアに感染し、感染したコンピュータのファイルを暗号化されてシステムやサー …

no image

メルトダウンとスペクター、CPUの脆弱性

インテル系のCPUに脆弱性が見つかりました。それらはメルトダウンとスペクターと名付けられています。メルトダウンとスペクターの脆弱性は、アプリケーションが他のアプリケーションで利用しているメモリ領域を読 …