図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

標的型攻撃とATP攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月20日 更新日:

標的型攻撃とは、攻撃者がある特定のターゲットを決めて攻撃することを言います。つまり、攻撃者は明確な目的を持ってターゲットを絞り攻撃するのです。目的には様々あると思いますが、例えばある特定の会社の機密情報であったり、ある人物の個人情報であったり、あるシステム会社のIT管理者のIDとパスワードなどが考えられます。

以前はランダムに攻撃を行って天才ハッカーである事を自慢する愉快犯が多かったのですが、最近では金銭目的の攻撃が多くなり、金銭目的ゆえにお金になるターゲットを明確にして攻撃してくるのです。

標的型攻撃の中でもAPT攻撃というものがあります。APTとはAdvanced Persistent Threatの略で「高度で執拗な脅威」という意味があります。APT攻撃の特徴はターゲットを絞っている事は標的型攻撃と同じですが、APT攻撃の場合は目的を達成するために長期間かけてしつこくターゲットに攻撃を仕掛けます。例えば、ある会社に対してフィッシングメールを送信する場合でも、その会社の文化などを知ったうえでフィッシングメールを作成しますので、多くの社員がそのフィッシングメールに対して疑わないで開けてしまいます。最近多いのは差出人のメールアドレスのドメインがターゲットの会社と同じドメイン名でメールが送信されるので、社員の方はそれが偽物であると思いもしないでメールを開けてしまいます。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

サイバー保険とは? 日本におけるサイバー保険の現状 図解サイバーセキュリティ用語

少し前まではサイバー攻撃は映画やドラマの中で行われる、めったにない事件という認識があり、時々ニュースになると非常に驚いていたと思います。しかしながら最近ではサイバー攻撃は毎日のように発生しており、誰も …

ビジネスメール詐欺(BEC)とは? 図解サイバーセキュリティ用語 

IPAが偽口座への送金を促すビジネスメール詐欺への注意喚起を行っています。ビジネスメール詐欺はBECとも言われており、BECはBusiness Email Compromiseの略です。このビジネスメ …

クロスサイトリクエストフォージェリ (CSRF) 図解サイバーセキュリティ用語

クロスサイトリクエストフォージェリ (CSRF)は、一般ユーザが知らない間にサイバー攻撃に加担してしまう事で、攻撃者がターゲットに対して間接的に攻撃を行う事ができます。クロスサイトリクエストフォージェ …

ヒューリスティック検知 図解サイバーセキュリティ用語

ヒューリスティック検知は、プログラムの実行ファイルの挙動を分析して通常ありえない動作、例えばOSの動作に関連するレジストリ・ライブラリなどへの書き込みや特権IDのパスワード変更など、を検知して異常とみ …

ハッシュ関数、MD5とSHAとは?

ハッシュ関数とは、あるデータをインプットとしてそのデータを要約する16進数の数列を生成する関数の事を言います。ハッシュ関数はデータ固有の値(ハッシュ値)を生成しますので、データが違うとそのハッシュ値も …