図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

標的型攻撃とATP攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月20日 更新日:

標的型攻撃とは、攻撃者がある特定のターゲットを決めて攻撃することを言います。つまり、攻撃者は明確な目的を持ってターゲットを絞り攻撃するのです。目的には様々あると思いますが、例えばある特定の会社の機密情報であったり、ある人物の個人情報であったり、あるシステム会社のIT管理者のIDとパスワードなどが考えられます。

以前はランダムに攻撃を行って天才ハッカーである事を自慢する愉快犯が多かったのですが、最近では金銭目的の攻撃が多くなり、金銭目的ゆえにお金になるターゲットを明確にして攻撃してくるのです。

標的型攻撃の中でもAPT攻撃というものがあります。APTとはAdvanced Persistent Threatの略で「高度で執拗な脅威」という意味があります。APT攻撃の特徴はターゲットを絞っている事は標的型攻撃と同じですが、APT攻撃の場合は目的を達成するために長期間かけてしつこくターゲットに攻撃を仕掛けます。例えば、ある会社に対してフィッシングメールを送信する場合でも、その会社の文化などを知ったうえでフィッシングメールを作成しますので、多くの社員がそのフィッシングメールに対して疑わないで開けてしまいます。最近多いのは差出人のメールアドレスのドメインがターゲットの会社と同じドメイン名でメールが送信されるので、社員の方はそれが偽物であると思いもしないでメールを開けてしまいます。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

サイバーインテリジェンス(Cyber Intelligence) 図解サイバーセキュリティ用語

インテリジェンスを日本語で訳すのは難しいですが、諜報活動から得られる情報と訳す事ができます。ただしこれは戦争や政治の世界で使われる意味で、サイバーセキュリティでのインテリジェンスの意味は少し違ってきま …

Pass-the-Hash 図解サイバーセキュリティ用語

Pass-the-Hashは、攻撃者がパスワードを利用して認証するのではなく、パスワードのハッシュを利用して認証を行う攻撃の事を言います。 通常、認証システムはユーザのパスワードを平文で保存しているわ …

脆弱性診断とペンテストの違い 図解サイバーセキュリティ用語

脆弱性スキャンとペンテストを同じと思っている方も多いと思いますが、脆弱性を発見する所までは同じでもその後のプロセスが違ってきます。脆弱性スキャンは脆弱性診断とも言われますが、脆弱性を発見する事を重点に …

no image

危険なパスワード2017

調査会社のSplashDataが2017年の危険なパスワード100「Worst Passwords of 2017 Top 100」を公開しました。ひとまずランキング1位から10位を紹介します。 Ra …

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)とは 図解サイバーセキュリティ用語

WAFはWeb Application Firewallの略で、Webサービスを攻撃から保護するためのシステムです。WAFはHTTP通信を分析して、悪意のあるコマンドやパラメータを含む通信をブロックし …