図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

標的型攻撃とATP攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月20日 更新日:

標的型攻撃とは、攻撃者がある特定のターゲットを決めて攻撃することを言います。つまり、攻撃者は明確な目的を持ってターゲットを絞り攻撃するのです。目的には様々あると思いますが、例えばある特定の会社の機密情報であったり、ある人物の個人情報であったり、あるシステム会社のIT管理者のIDとパスワードなどが考えられます。

以前はランダムに攻撃を行って天才ハッカーである事を自慢する愉快犯が多かったのですが、最近では金銭目的の攻撃が多くなり、金銭目的ゆえにお金になるターゲットを明確にして攻撃してくるのです。

標的型攻撃の中でもAPT攻撃というものがあります。APTとはAdvanced Persistent Threatの略で「高度で執拗な脅威」という意味があります。APT攻撃の特徴はターゲットを絞っている事は標的型攻撃と同じですが、APT攻撃の場合は目的を達成するために長期間かけてしつこくターゲットに攻撃を仕掛けます。例えば、ある会社に対してフィッシングメールを送信する場合でも、その会社の文化などを知ったうえでフィッシングメールを作成しますので、多くの社員がそのフィッシングメールに対して疑わないで開けてしまいます。最近多いのは差出人のメールアドレスのドメインがターゲットの会社と同じドメイン名でメールが送信されるので、社員の方はそれが偽物であると思いもしないでメールを開けてしまいます。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

サイバー攻撃の可視化ツール Cyber Threat Maps 図解サイバーセキュリティ用語

サイバー攻撃の可視化ツールはCyber Threats Mapとも呼ばれ、サイバー攻撃の規模や方向などを地図を使ってビジュアル化したものです。この可視化ツールだけ見ても何の分析にもなりませんが、以下の …

サイバーセキュリティとセキュリティの違い 図解サイバーセキュリティ用語

サイバーとはインターネットが形成する情報空間の事を表します。ではセキュリティとサイバーセキュリティの違いは何でしょうか?サイバーセキュリティはセキュリティという大きなカテゴリの中の1つの分野です。セキ …

Pass-the-Hash 図解サイバーセキュリティ用語

Pass-the-Hashは、攻撃者がパスワードを利用して認証するのではなく、パスワードのハッシュを利用して認証を行う攻撃の事を言います。 通常、認証システムはユーザのパスワードを平文で保存しているわ …

脅威・脆弱性・情報資産そしてリスク 図解サイバーセキュリティ用語

リスク分析を行う際によるあるのが、リスクと脅威・脆弱性をごっちゃ混ぜにして考えてしまい、それぞれの定義を勘違いしてしまうことです。ここでは、リスクとは何か?そしてリスクを構成する要因(脅威・脆弱性・情 …

サイバーレジリエンスとは 図解サイバーセキュリティ用語

サイバーレジリエンスはBCPのコンセプトと似ており、サイバー攻撃と受けて被害にあった場合でもシステムの重要度に基づいていかに効率よく復旧するか、という考え方です。つまり、サイバーレジリエンスではサイバ …