図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

標的型攻撃とATP攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月20日 更新日:

標的型攻撃とは、攻撃者がある特定のターゲットを決めて攻撃することを言います。つまり、攻撃者は明確な目的を持ってターゲットを絞り攻撃するのです。目的には様々あると思いますが、例えばある特定の会社の機密情報であったり、ある人物の個人情報であったり、あるシステム会社のIT管理者のIDとパスワードなどが考えられます。

以前はランダムに攻撃を行って天才ハッカーである事を自慢する愉快犯が多かったのですが、最近では金銭目的の攻撃が多くなり、金銭目的ゆえにお金になるターゲットを明確にして攻撃してくるのです。

標的型攻撃の中でもAPT攻撃というものがあります。APTとはAdvanced Persistent Threatの略で「高度で執拗な脅威」という意味があります。APT攻撃の特徴はターゲットを絞っている事は標的型攻撃と同じですが、APT攻撃の場合は目的を達成するために長期間かけてしつこくターゲットに攻撃を仕掛けます。例えば、ある会社に対してフィッシングメールを送信する場合でも、その会社の文化などを知ったうえでフィッシングメールを作成しますので、多くの社員がそのフィッシングメールに対して疑わないで開けてしまいます。最近多いのは差出人のメールアドレスのドメインがターゲットの会社と同じドメイン名でメールが送信されるので、社員の方はそれが偽物であると思いもしないでメールを開けてしまいます。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

二要素認証 図解サイバーセキュリティ用語

二要素認証とは以下の特徴を持つ要素(情報)の中から2つの要素を利用した認証方法です。 ユーザが知っている情報(Something you know) ユーザが持っている情報(Something you …

サイバーレジリエンスとは 図解サイバーセキュリティ用語

サイバーレジリエンスはBCPのコンセプトと似ており、サイバー攻撃と受けて被害にあった場合でもシステムの重要度に基づいていかに効率よく復旧するか、という考え方です。つまり、サイバーレジリエンスではサイバ …

ステガノグラフィー(steganography)とは?

ステガノグラフィー(steganography)とは、主に画像などのデータに他のデータやメッセージを埋め込む事でデータ・メッセージを隠蔽するための技術の事を言います。 一般的に暗号データは暗号化されて …

レインボーテーブル(Rainbow Table)とは

レインボーテーブルとは、パスワードを解析するための総当たり攻撃を高速化するために、すべてのパスワード候補(文字列)に対するハッシュ値をあらかじめ計算して表にしたものです。このレインボーテーブルはパスワ …

PDoS(Permanent Denial of Service)とは?

PDoSとはPermanent Denial of Serviceの略で、サービスを不能にする事以上にハードウェアを破壊する事によって永久にサービスを不能にする事を目的としている攻撃の手法の事を言いま …