図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

ヒューリスティック検知 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月20日 更新日:

ヒューリスティック検知は、プログラムの実行ファイルの挙動を分析して通常ありえない動作、例えばOSの動作に関連するレジストリ・ライブラリなどへの書き込みや特権IDのパスワード変更など、を検知して異常とみなす検知方法の事を言います。ヒューリスティックとはheuristicと書いて「発見的」や「発見を促す」という意味があります。

ヒューリスティック検知の説明

ヒューリスティック検知はウィルス対策ソフトやIDS/IPSなどの検知手法の1つとして利用されています。ヒューリスティック検知はシグネチャ検知と違って、事前に全てのパターンを定義する必要はないので、未知のウィルスや亜種ウィルスまたは攻撃コマンドなどを検知することができますが、誤検知も発生してしまいます。

ヒューリスティック検知とアノマリー検知の違い

ヒューリスティック検知と似たような検知方法にアノマリー検知があります。アノマリー検知は正常なパターンを定義して、そこから逸脱した動作を検知するもので、ヒューリスティック検知と同様に未知のマルウェアなどにも対応できます。ヒューリスティック検知は異常と思われる動作自体は事前に定義、アノマリー検知は正常なパターンを定義、という違いがあります。以下に簡単にシグネチャ検知、ヒューリスティック検知、アノマリー検知の違いを図で表します。

シグネチャ検知、ヒューリスティック検知、アノマリー検知の違い

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

Miraiとは? 大規模なDDoSを発生させる、IoTをターゲットとしたマルウェア 図解サイバーセキュリティ用語

2016年10月に米Dyn社のDNSサービスをターゲットとしたDDoS攻撃が発生しました。このDDoS攻撃ではなんと何千万という端末から1.2テラバイト/秒のデータがDyn社のDNSサーバに送信された …

UEBA(User and Entity Behavior Analytics)とは?

UEBAとはUser and Entity Behavior Analyticsの略で、ユーザやシステムの振る舞いを機械学習する事で、ユーザ/システムの異常な振る舞いや不正な活動を検知する分析技術の事 …

ブラウザクラッシャー(ブラクラ)とは?

ブラウザクラッシャーはブラクラとも言われており、WebブラウザやOSのバグや仕様を悪用したHTMLやJavascriptをWebページに組み込む事でユーザのパソコンに大量のポップアップ画面を表示したり …

クリアデスクとクリアスクリーンとは?ISMSとプライバシーマークに必須

クリアデスクとは クリアデスクとは、オフィスなどの不特定多数の人がいる所ではデスクから離席する際にデスク上に業務に関する書類を放置せずにキャビネットなど鍵のかかった場所に保管する方針の事を言います。英 …

水飲み場攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

水飲み場攻撃は標的型攻撃の1つですが、「標的」を装わないのが特徴です。通常の標的型攻撃はターゲットに対してしつこくフィッシングメールを送付したり、ターゲットのサーバをスキャンして脆弱性を発見して悪用を …