図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

ヒューリスティック検知 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月20日 更新日:

ヒューリスティック検知は、プログラムの実行ファイルの挙動を分析して通常ありえない動作、例えばOSの動作に関連するレジストリ・ライブラリなどへの書き込みや特権IDのパスワード変更など、を検知して異常とみなす検知方法の事を言います。ヒューリスティックとはheuristicと書いて「発見的」や「発見を促す」という意味があります。

ヒューリスティック検知の説明

ヒューリスティック検知はウィルス対策ソフトやIDS/IPSなどの検知手法の1つとして利用されています。ヒューリスティック検知はシグネチャ検知と違って、事前に全てのパターンを定義する必要はないので、未知のウィルスや亜種ウィルスまたは攻撃コマンドなどを検知することができますが、誤検知も発生してしまいます。

ヒューリスティック検知とアノマリー検知の違い

ヒューリスティック検知と似たような検知方法にアノマリー検知があります。アノマリー検知は正常なパターンを定義して、そこから逸脱した動作を検知するもので、ヒューリスティック検知と同様に未知のマルウェアなどにも対応できます。ヒューリスティック検知は異常と思われる動作自体は事前に定義、アノマリー検知は正常なパターンを定義、という違いがあります。以下に簡単にシグネチャ検知、ヒューリスティック検知、アノマリー検知の違いを図で表します。

シグネチャ検知、ヒューリスティック検知、アノマリー検知の違い

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

サイバーキルチェーンとは 図解サイバーセキュリティ用語

サイバーキルチェーンとはロッキードマーティン社が考案したもので、攻撃者目線で攻撃のステージを定義してそれに対して何を行う必要があるかを分析するためのフレームワークです。ロッキードマーティン社は軍事産業 …

キーロガーとは 図解サイバーセキュリティ用語

キーロガー(keylogger)とはパソコン等のキーボードの入力を監視してそれを記録するソフトウェアの事を言います。キーロガーによって記録された情報からユーザが何をタイプしたのかがわかります。つまり、 …

脆弱性診断とペンテストの違い 図解サイバーセキュリティ用語

脆弱性スキャンとペンテストを同じと思っている方も多いと思いますが、脆弱性を発見する所までは同じでもその後のプロセスが違ってきます。脆弱性スキャンは脆弱性診断とも言われますが、脆弱性を発見する事を重点に …

IoC(Indicator of Compromise)とは?

IOCとは?東京オリンピックではなく・・・

IOCと言うと多くの方がオリンピックを主催するInternational Olympic Committeeの事を思いつくと思いますが、セキュリティの世界ではIOCは違う意味があります。もっともIOC …

リスクの保有・低減・回避・移転

リスクとは被害を被る可能性の事です。ITではリスクは脆弱性・脅威・情報資産の3つの組み合わせによって表現する事ができ、その発生頻度や影響度によってリスクに対する対策が変わってきます。リスク対策として4 …