図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

第5の戦場、サイバー空間 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月19日 更新日:

戦争の歴史は「陸」での争いに始まり船で「海」で各地に進出し、戦闘機で「空」を制覇することで進化を遂げていきました。ここまでを第1の戦場、第2の戦場、第3の戦場と呼んでいました。最近では第4の戦場として「宇宙」が戦争に使われています。スターウォーズのように宇宙でドンパチするのではなく、宇宙から衛星を利用した情報収集活動などに利用されています。最近では高性能のカメラを搭載した衛星によって解像度が非常に高い敵地の写真が撮れるようになりました。

そこに、最近では「サイバー空間」が第5の戦場として位置づけられるようになりました。

第5の戦場、サイバー空間の説明

アメリカはサイバー攻撃を受けた場合は戦争をみなし、あらゆる手段を利用して対抗するという事を表明しています。しかしながら、国際法など様々な法律がサイバー空間での戦争に関して定義されていません。実際に中国やロシアは既にアメリカなどにサイバー攻撃をしていますので、サイバー戦争の定義というものを今後明確にしていく必要があります。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

ディープウェブ、ダークウェブって何? 図解サイバーセキュリティ用語

インターネット上では様々な情報を収集することができますが、良い情報ばかりではありません。インターネットは犯罪者が違法な情報(他人のクレジットカードや個人情報など)や物(麻薬や武器など)を売買するための …

UDP Flood攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

UDP Flood攻撃もDoS攻撃の一種で、Flood攻撃に属するものです。UDP Flood攻撃では攻撃者は以下の特徴のUDPパケットを作成して、ターゲットに送付します。 送信元IPを詐称 ランダム …

ドロッパーとは? 図解サイバーセキュリティ用語

ドロッパーとはトロイの木馬の一種で、ユーザがドロッパーの実行ファイルを実行すると、ウィルスをシステムにドロップ(生成)します。ドロッパー自体は不正な活動を積極的には行いません。しかもドロッパーはウィル …

デジタルタトゥーとは?

デジタルタトゥーとは、インターネット上で公開されたり流出した個人情報などは、後から消すことが極めて難しい事を入れ墨に例えた表現です。もしかするとインターネット上で拡散した情報を消すより入れ墨を消す方が …

UEBA(User and Entity Behavior Analytics)とは?

UEBAとはUser and Entity Behavior Analyticsの略で、ユーザやシステムの振る舞いを機械学習する事で、ユーザ/システムの異常な振る舞いや不正な活動を検知する分析技術の事 …