図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

異常検知 シグネチャ検知とアノマリー検知 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月19日 更新日:

マカフィーやシマンテックなどのウィルス対策ソフトやSourceFireなどのIDS/IPS製品では異常検知を行う事によって、不正なトラフィックや悪意のあるコマンドを検知しています。異常検知には主にシグネチャ型とアノマリー型の2種類あり、以前はシグネチャ検知が主流でしたが、現在はシグネチャ検知とアノマリー検知を両方利用することによって効果的な検知を行います。

シグネチャ検知とアノマリー検知

シグネチャ検知は事前に「異常なパターン」を定義することが特徴ですが、逆にアノマリー検知の場合は「正常なパターン」を学習させることで、その「正常なパターン」から逸脱した動作を異常とみなす事が特徴です。

アノマリー検知とシグネチャー検知の説明

ウィルス対策ソフトでは毎日定義ファイル(DAT)が更新されます。この定義ファイルにはウィルスのシグネチャが定義されています。つまり、ウィルスの動作を定義してパターンマッチする動作に対してウィルスとみなすのです。この方法は既知のウィルスに対してはとても効果的ですが、未知のウィルスや亜種ウィルスに対しては効果的ではありません。なぜなら似たようなウィルスでも若干動作が違うとシグネチャが違ってくるからです。

そこで、アノマリー検知の登場です。アノマリー検知は事前に異常なデータを学習させる必要はなく、正常なデータ・動作のみを学習しておけば良いのです。そこから逸脱した動作をすればそれを異常とみなします。よって未知のウィルスや亜種にも対応できるのです。一方でアノマリー検知はフォルスポジティブの発生率が高いのでチューニングが必要となります。また、初期段階で取得した正常なデータの中に既にウィルスが紛れ込んでいたら意味がなくなってしまいます。ですので、アノマリー検知もある程度メンテナンスが必要となります。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

PDoS(Permanent Denial of Service)とは?

PDoSとはPermanent Denial of Serviceの略で、サービスを不能にする事以上にハードウェアを破壊する事によって永久にサービスを不能にする事を目的としている攻撃の手法の事を言いま …

第5の戦場、サイバー空間 図解サイバーセキュリティ用語

戦争の歴史は「陸」での争いに始まり船で「海」で各地に進出し、戦闘機で「空」を制覇することで進化を遂げていきました。ここまでを第1の戦場、第2の戦場、第3の戦場と呼んでいました。最近では第4の戦場として …

認証と認可の違いとは?

ITの世界では頻繁に「認証」と「認可」という言葉を利用します。特にIAM(Identity Access Management)の分野でこれらの言葉は区別して利用されています。一般ユーザからすると「認 …

no image

メルトダウンとスペクター、CPUの脆弱性

インテル系のCPUに脆弱性が見つかりました。それらはメルトダウンとスペクターと名付けられています。メルトダウンとスペクターの脆弱性は、アプリケーションが他のアプリケーションで利用しているメモリ領域を読 …

SIEM(Security Information and Event Management)とは? 図解サイバーセキュリティ用語

SIEMとはSecurity Information and Event Managementの略で「シーム」と読み、様々なシステムで生成されるログを集約して一元管理し、それらのログを分析することで不 …