図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

レッドチーム(Red Team)とブルーチーム(Blue Team) 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月19日 更新日:

最近、レッドチーム演習というサービスが流行っています。いくつかのセキュリティ専門ベンダーやコンサルタント会社が企業にたいしてレッドチーム演習を提供していることが、IT系のWebメディアで伝えられています。レッドチーム演習とはペンテストをさらに強化したサービスで、ハッカーのように実際にあらゆる場所からクライアントの環境に攻撃を行い、その結果をレポートとしてクライアントに提供します。

レッドチーム(Red Team)とブルーチーム(blue team)の説明

レッドチームとは攻撃担当チームの事を指します。一方でクライアント内のセキュリティチームをブルーチームと呼びます。なぜレッドチーム・ブルーチームなのかというと、アメリカの軍事用語として、アメリカ自身を必ずブルーチームと呼び、敵をレッドチームと呼びます。また、敵の役目(ふり)をして敵だったらどのような戦略を実行するか、など敵側の観点から軍事活動をサポートするチームの事をレッドチームとも呼びます。ですので、セキュリティ分野でのレッドチームはこれらの両方の意味を持っていると思われます。

実際のレッドチーム演習では高度なスキルを持ったレッドチームが以下のような様々な場所から情報を収集して、クライアントのITインフラに侵入して情報搾取まで行う場合があります。

  • オフィスに実際に侵入してみる。
  • 社員のSNSからパスワードなどを推測する。
  • ITインフラの脆弱性を見つけてそこから侵入する。

意外に思われるのが、レッドチームは物理セキュリティを破って情報収集を行う事が多いということです。つまり、社員の後をつけてオフィス内に入って、ID/パスワードなどの情報を盗んだり、データをキャプチャするデバイスをネットワークにつなげたりして情報収集することで、次の攻撃ステップに進む場合が多いそうです。ですので、ITのセキュリティだけではなく、物理セキュリティも含めて総合的なセキュリティを考慮する必要があります。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

no image

メルトダウンとスペクター、CPUの脆弱性

インテル系のCPUに脆弱性が見つかりました。それらはメルトダウンとスペクターと名付けられています。メルトダウンとスペクターの脆弱性は、アプリケーションが他のアプリケーションで利用しているメモリ領域を読 …

クリアデスクとクリアスクリーンとは?ISMSとプライバシーマークに必須

クリアデスクとは クリアデスクとは、オフィスなどの不特定多数の人がいる所ではデスクから離席する際にデスク上に業務に関する書類を放置せずにキャビネットなど鍵のかかった場所に保管する方針の事を言います。英 …

ハニーポットとはセキュリティのハニートラップ

ハニートラップとは諜報活動のヒューミントの一種で、女性のスパイや工作員がターゲットの男性を誘惑し性的関係を持つことによって弱みを握り、それをネタにして個人情報や機密情報などを入手する活動の事を言います …

SIEM(Security Information and Event Management)とは? 図解サイバーセキュリティ用語

SIEMとはSecurity Information and Event Managementの略で「シーム」と読み、様々なシステムで生成されるログを集約して一元管理し、それらのログを分析することで不 …

C2サーバ、C&Cとは 図解サイバーセキュリティ用語

C2サーバもしくはC&Cはコマンド&コントロールサーバの事です。C2サーバは攻撃者がユーザの端末に感染したマルウェアに対してコマンドを送信したり、マルウェア経由でユーザの端末のデータを受信したりする役 …