図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

レッドチーム(Red Team)とブルーチーム(Blue Team) 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月19日 更新日:

最近、レッドチーム演習というサービスが流行っています。いくつかのセキュリティ専門ベンダーやコンサルタント会社が企業にたいしてレッドチーム演習を提供していることが、IT系のWebメディアで伝えられています。レッドチーム演習とはペンテストをさらに強化したサービスで、ハッカーのように実際にあらゆる場所からクライアントの環境に攻撃を行い、その結果をレポートとしてクライアントに提供します。

レッドチーム(Red Team)とブルーチーム(blue team)の説明

レッドチームとは攻撃担当チームの事を指します。一方でクライアント内のセキュリティチームをブルーチームと呼びます。なぜレッドチーム・ブルーチームなのかというと、アメリカの軍事用語として、アメリカ自身を必ずブルーチームと呼び、敵をレッドチームと呼びます。また、敵の役目(ふり)をして敵だったらどのような戦略を実行するか、など敵側の観点から軍事活動をサポートするチームの事をレッドチームとも呼びます。ですので、セキュリティ分野でのレッドチームはこれらの両方の意味を持っていると思われます。

実際のレッドチーム演習では高度なスキルを持ったレッドチームが以下のような様々な場所から情報を収集して、クライアントのITインフラに侵入して情報搾取まで行う場合があります。

  • オフィスに実際に侵入してみる。
  • 社員のSNSからパスワードなどを推測する。
  • ITインフラの脆弱性を見つけてそこから侵入する。

意外に思われるのが、レッドチームは物理セキュリティを破って情報収集を行う事が多いということです。つまり、社員の後をつけてオフィス内に入って、ID/パスワードなどの情報を盗んだり、データをキャプチャするデバイスをネットワークにつなげたりして情報収集することで、次の攻撃ステップに進む場合が多いそうです。ですので、ITのセキュリティだけではなく、物理セキュリティも含めて総合的なセキュリティを考慮する必要があります。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

ヒューリスティック検知 図解サイバーセキュリティ用語

ヒューリスティック検知は、プログラムの実行ファイルの挙動を分析して通常ありえない動作、例えばOSの動作に関連するレジストリ・ライブラリなどへの書き込みや特権IDのパスワード変更など、を検知して異常とみ …

アドウェア(Adware)とは?

アドウェア(Adware)とは、ブラウザのツールバーに組み込まれたり、OSのスタートアップに登録されたりして勝手に広告のポップアップ画面などを表示するプログラムの事を言います。アドウェアの多くは広告を …

Stuxnet(スタックスネット)とは 制御システムを狙った初のマルウェア 図解サイバーセキュリティ用語

Stuxnet(スタックスネット)とは制御システムを狙った初のマルウェアと言われています。20010年9月ごろにイランのナタンスにある核燃料施設のウラン濃縮用遠心分離機に誤作動を起こさせ、約8400台 …

フォレンジックとは?

フォレンジックとは法医学や科学調査という意味で、コンピュータの世界ではセキュリティ事故・事件やサイバー攻撃の発生後に原因を調査するためにコンピュータのメモリやハードディスクおよび各デバイスのログを解析 …

コンテンツフィルタリングとは?

コンテンツフィルタリングとは、主にWebサイト・Webページの内容を監視して、あらかじめ設定された条件を基にWebサイトの閲覧を許可・禁止するシステムの事を言います。コンテンツフィルタリングはWebコ …