図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

ICMP Flood攻撃、Ping Flood攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月18日 更新日:

ICMP Flood攻撃はDoS攻撃の中のFlood系の攻撃の一種です。Ping flood攻撃とも言われます。DoS攻撃の中でも簡単な仕組みの攻撃です。どのような攻撃かと言いますと、まずあらかじめ大量のゾンビ端末を用意します。ゾンビ端末とは、攻撃者がこっそり不正なプログラムを仕込んだ「通常は正常に稼働しているように見える」端末の事を言います。

攻撃者はそれらのゾンビサーバに攻撃コマンドを送信することで、大量のゾンビサーバがターゲットに対してICMP echoリクエスト(Ping)を送付します。ターゲットはそれらのリクエストを処理しきれずに、メモリ不足・ネットワーク帯域不足当が発生してダウンします。これがICMP Flood攻撃の仕組みです。

ICMP Flood攻撃の説明

攻撃者は可能な限り大量なリクエストをターゲットに送信したいので、ICMP echoリクエストも設定を変更して大きなサイズで送信します。Smurf攻撃と違うのは、Smurf攻撃はICMP echoリクエストの送信元IPをターゲットIPに詐称しますが、ICMP echoリクエストは特にそのような送信元IPの変更をせず、直接ターゲットに対して攻撃を行うのが特徴です。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

ブルートフォース攻撃(総当たり攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

ブルートフォース(brute force)とは「強引な」とか「力ずく」という意味で、ユーザのアカウント・パスワードを入手するため、もしくは暗号を解読するために考えられる全てのパターンを自動的に試す手法 …

fiewall

Firewall(ファイアウォール)とは、パケットフィルタリングとアプリケーションゲートウェイ

Firewall(ファイアウォール)は日本語だと防火壁の事で、火の侵入を防いで火事が拡大することを防ぐ壁の事を言います。コンピュータの世界ではFirewall(ファイアウォール)は外部の不正な通信や攻 …

C2サーバ、C&Cとは 図解サイバーセキュリティ用語

C2サーバもしくはC&Cはコマンド&コントロールサーバの事です。C2サーバは攻撃者がユーザの端末に感染したマルウェアに対してコマンドを送信したり、マルウェア経由でユーザの端末のデータを受信したりする役 …

柳条湖事件 9月18日に中国からサイバー攻撃を受ける理由

毎年9月18日の1週間前になると、様々な機関から「9月18日前後に中国からサイバー攻撃がある可能性がありますので注意してください」という通達がありますよね。実際に9月18日に中国からのサイバー攻撃によ …

PDoS(Permanent Denial of Service)とは?

PDoSとはPermanent Denial of Serviceの略で、サービスを不能にする事以上にハードウェアを破壊する事によって永久にサービスを不能にする事を目的としている攻撃の手法の事を言いま …