図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

サイバーインテリジェンス(Cyber Intelligence) 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月16日 更新日:

インテリジェンスを日本語で訳すのは難しいですが、諜報活動から得られる情報と訳す事ができます。ただしこれは戦争や政治の世界で使われる意味で、サイバーセキュリティでのインテリジェンスの意味は少し違ってきます。

サイバーセキュリティでのインテリジェンスとは、下記のような攻撃者の活動を調査してそれを防御のために有効に活用することができるように整えられたデータの事を指します。

  • サイバー攻撃(脆弱性の利用、ツールの利用など)
  • ダークウェブの闇市場でのクレジットカード、個人情報などの売買
  • 売買された情報を利用した攻撃
  • SNS上でのボイコット、デモ、サイバー攻撃などの呼びかけ

サイバーインテリジェンスの解説

これらのインテリジェンスを早く入手することによって、被害を最小限に抑える事ができますので、大手の企業は様々なセキュリティ会社からインテリジェンスを購入しています。セキュリティ会社によって得意分野が違うようですので、インテリジェンスの内容もかなり違ってきます。例えば、あるセキュリティ会社のインテリジェンスはSNS系の情報が強い、ある会社はロシア・中国系の情報が強い、などその会社が提供できるインテリジェンスの特色を理解する必要があります。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

二要素認証 図解サイバーセキュリティ用語

二要素認証とは以下の特徴を持つ要素(情報)の中から2つの要素を利用した認証方法です。 ユーザが知っている情報(Something you know) ユーザが持っている情報(Something you …

情報セキュリティのCIAとは?

CIAというと、米国の諜報機関である中央情報局(Central Intelligence Agency)や監査系の資格であるCertified Internal Auditorの略と思う方が多いと思い …

IoC(Indicator of Compromise)とは?

IOCとは?東京オリンピックではなく・・・

IOCと言うと多くの方がオリンピックを主催するInternational Olympic Committeeの事を思いつくと思いますが、セキュリティの世界ではIOCは違う意味があります。もっともIOC …

レインボーテーブル(Rainbow Table)とは

レインボーテーブルとは、パスワードを解析するための総当たり攻撃を高速化するために、すべてのパスワード候補(文字列)に対するハッシュ値をあらかじめ計算して表にしたものです。このレインボーテーブルはパスワ …

ブルートフォース攻撃(総当たり攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

ブルートフォース(brute force)とは「強引な」とか「力ずく」という意味で、ユーザのアカウント・パスワードを入手するため、もしくは暗号を解読するために考えられる全てのパターンを自動的に試す手法 …