図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

サイバーインテリジェンス(Cyber Intelligence) 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月16日 更新日:

インテリジェンスを日本語で訳すのは難しいですが、諜報活動から得られる情報と訳す事ができます。ただしこれは戦争や政治の世界で使われる意味で、サイバーセキュリティでのインテリジェンスの意味は少し違ってきます。

サイバーセキュリティでのインテリジェンスとは、下記のような攻撃者の活動を調査してそれを防御のために有効に活用することができるように整えられたデータの事を指します。

  • サイバー攻撃(脆弱性の利用、ツールの利用など)
  • ダークウェブの闇市場でのクレジットカード、個人情報などの売買
  • 売買された情報を利用した攻撃
  • SNS上でのボイコット、デモ、サイバー攻撃などの呼びかけ

サイバーインテリジェンスの解説

これらのインテリジェンスを早く入手することによって、被害を最小限に抑える事ができますので、大手の企業は様々なセキュリティ会社からインテリジェンスを購入しています。セキュリティ会社によって得意分野が違うようですので、インテリジェンスの内容もかなり違ってきます。例えば、あるセキュリティ会社のインテリジェンスはSNS系の情報が強い、ある会社はロシア・中国系の情報が強い、などその会社が提供できるインテリジェンスの特色を理解する必要があります。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

ドロッパーとは? 図解サイバーセキュリティ用語

ドロッパーとはトロイの木馬の一種で、ユーザがドロッパーの実行ファイルを実行すると、ウィルスをシステムにドロップ(生成)します。ドロッパー自体は不正な活動を積極的には行いません。しかもドロッパーはウィル …

ブルートフォース攻撃(総当たり攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

ブルートフォース(brute force)とは「強引な」とか「力ずく」という意味で、ユーザのアカウント・パスワードを入手するため、もしくは暗号を解読するために考えられる全てのパターンを自動的に試す手法 …

マルウェア、ウィルス、ワーム、トロイの木馬、ランサムウェア これらの違いは? 図解サイバーセキュリティ用語

最近は新聞にもよくマルウェアやウィルスなどの言葉が載っているので、マルウェアやウィルスが何者かのかはご存知だと思いますが、マルウェアとウィルスの違いを知っていますか?ちなみに、それ以外の言葉でワームと …

UTM(Unified Threat Managemen)とは 図解サイバーセキュリティ用語

UTMとは複数のセキュリティ対策を1つのアプライアンスに集約することで、総合的にかつ統合的にセキュリティ対策を行うコンセプトの事を言います。もしくはそのようなアプライアンスの事を指します。 UTMに集 …

DNSリフレクション攻撃(DNSアンプ攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

DNSリフレクション攻撃もしくはDNSアンプ攻撃はDoS・DDoSの一種で、DNSの2つの特性を悪用した攻撃です。まず一つ目はDNSサーバは問い合わせに対して必ず回答を行う事(リフレクション)。もう一 …