図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

サイバーインテリジェンス(Cyber Intelligence) 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月16日 更新日:

インテリジェンスを日本語で訳すのは難しいですが、諜報活動から得られる情報と訳す事ができます。ただしこれは戦争や政治の世界で使われる意味で、サイバーセキュリティでのインテリジェンスの意味は少し違ってきます。

サイバーセキュリティでのインテリジェンスとは、下記のような攻撃者の活動を調査してそれを防御のために有効に活用することができるように整えられたデータの事を指します。

  • サイバー攻撃(脆弱性の利用、ツールの利用など)
  • ダークウェブの闇市場でのクレジットカード、個人情報などの売買
  • 売買された情報を利用した攻撃
  • SNS上でのボイコット、デモ、サイバー攻撃などの呼びかけ

サイバーインテリジェンスの解説

これらのインテリジェンスを早く入手することによって、被害を最小限に抑える事ができますので、大手の企業は様々なセキュリティ会社からインテリジェンスを購入しています。セキュリティ会社によって得意分野が違うようですので、インテリジェンスの内容もかなり違ってきます。例えば、あるセキュリティ会社のインテリジェンスはSNS系の情報が強い、ある会社はロシア・中国系の情報が強い、などその会社が提供できるインテリジェンスの特色を理解する必要があります。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

脆弱性診断とペンテストの違い 図解サイバーセキュリティ用語

脆弱性スキャンとペンテストを同じと思っている方も多いと思いますが、脆弱性を発見する所までは同じでもその後のプロセスが違ってきます。脆弱性スキャンは脆弱性診断とも言われますが、脆弱性を発見する事を重点に …

職務分掌・職務分離とは?

職務分掌とは部署や役職ごとに必要な責任や権限を明確にして定義する事を言います。職務分掌と似たような言葉に職務分離があります。ほぼ同じ意味ですが、職務分掌は人事要素が強い一方で職務分離にはコンプライアン …

第5の戦場、サイバー空間 図解サイバーセキュリティ用語

戦争の歴史は「陸」での争いに始まり船で「海」で各地に進出し、戦闘機で「空」を制覇することで進化を遂げていきました。ここまでを第1の戦場、第2の戦場、第3の戦場と呼んでいました。最近では第4の戦場として …

図解:共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式

共通鍵暗号方式 共通鍵暗号方式は、暗号化する鍵と復号する鍵に同じ鍵を使います。つまり、データを暗号化するユーザと暗号化したデータを受け取って復号するユーザは同じ共通鍵を持っている必要があります。 共通 …

ブラウザクラッシャー(ブラクラ)とは?

ブラウザクラッシャーはブラクラとも言われており、WebブラウザやOSのバグや仕様を悪用したHTMLやJavascriptをWebページに組み込む事でユーザのパソコンに大量のポップアップ画面を表示したり …