図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

水飲み場攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月16日 更新日:

水飲み場攻撃は標的型攻撃の1つですが、「標的」を装わないのが特徴です。通常の標的型攻撃はターゲットに対してしつこくフィッシングメールを送付したり、ターゲットのサーバをスキャンして脆弱性を発見して悪用を試みたり、様々な手段でターゲットの情報を取得しようとしますが、水飲み場攻撃はターゲットに間接的に、かつ確率論で攻撃を仕掛けますので、被害にあったターゲットは標的にされた事は気付かない場合が多いです。

水飲み場攻撃の手法

まず、攻撃者はターゲットが閲覧するであろうWebサイトの調査を行います。この「閲覧するであろうWebサイト」とは、例えば、ターゲットがあるIT企業だとします。その場合、そのIT企業の社員はIT関連のノウハウを提供しているWebサイトなどにアクセスする可能性が高いです。またIT企業社員のSNSなどを調査することで、さらにアクセスする可能性のあるWebサイトを推測します。

水飲み場攻撃の解説

①それらのWebサイトの中から脆弱なWebサイトを見つけてそこに不正なプログラムを設置します。②③運よく(ユーザからすると運悪く)そのWebサイトにアクセスしたターゲットが不正なプログラムをダウンロードしてマルウェアに感染します。④そのマルウェアによって攻撃者が用意した攻撃用サーバと通信が確立し、情報の搾取など不正な活動を行う事ができるようになります。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

フィッシングメールとは 図解サイバーセキュリティ用語

最近良く聞く言葉の1つにフィッシングという言葉があります。会社でもセキュリティ部からアナウンスがあって「最近フィッシングメールが流行していますので、怪しいメールは絶対に開かないようにしてください。」と …

ドロッパーとは? 図解サイバーセキュリティ用語

ドロッパーとはトロイの木馬の一種で、ユーザがドロッパーの実行ファイルを実行すると、ウィルスをシステムにドロップ(生成)します。ドロッパー自体は不正な活動を積極的には行いません。しかもドロッパーはウィル …

柳条湖事件 9月18日に中国からサイバー攻撃を受ける理由

毎年9月18日の1週間前になると、様々な機関から「9月18日前後に中国からサイバー攻撃がある可能性がありますので注意してください」という通達がありますよね。実際に9月18日に中国からのサイバー攻撃によ …

サイバーデセプション(Cyber Deception)とは おとりを使った攻めのセキュリティ

デセプションとは「だます」「欺く」という意味があります。サイバーデセプション(Cyber Deception)とは攻撃者をだます事を意味しており、ある工夫によってサイバー攻撃者を騙して攻撃者の情報を収 …

短縮URLとセキュリティ問題

短縮URLとはオリジナルのURLにリダイレクトするように設定された文字数が短いURLの事を言います。例えば、https://www.cyber-attack.net/cyber-security-di …