図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

HTTP GET Flood攻撃 (F5攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月15日 更新日:

HTTP GET Floodは別名F5攻撃ともいわれます。F5とはキーボードのF5の事です。インターネットブラウザを表示している時にF5を押すとどのようになるかご存知ですか?今F5を実行してみてください。F5を押すと表示されていたWebページがリロード(更新)されましたでしょうか。つまり、Webページのデータを再取得するのです。

HTTP GET Flood攻撃の仕組み

以前はWebサイトに対して嫌がらせとしてF5を連打して大量のリクエストを送信してWebサイトのパフォーマンスを低下させたりする事件が多発していました。現在はF5攻撃は有効ではありません。Webサーバ側などで1つの送信元からの大量のリクエストに対して制限をかけるなどの対策がなされているからです。

HTTP Get Flood攻撃の解説

一方でHTTP GET Flood攻撃は事前にBotを多数の端末やサーバに不正にインストールします。そして、そのBotを使ってターゲットのWebサーバに大量のHTTP GETリクエストを実行するのです。HTTP GETリクエストにランダムなパス等を入れる事によって、リクエストが正常なものかHTTP GET Flood攻撃なのかの判断を行う事を難しくすることが多いです。この結果Webサーバは大量のHTTP GETコマンドを処理しきれず、遅延が発生したりダウンします。これがHTTP GET Floodコマンドの仕組みです。HTTP GET Floodは正常なHTTPリクエストを利用しますので、検知することが難しいという問題があります。

HTTP GET Flood攻撃の対策

いくつか対策がありますが、

  • 1つの送信元からの同時リクエスト数を制限する
  • Webサーバの前にキャッシュサーバを置く
  • Webサーバのスケールアップをする

などがありますが、これらを複合的に取り入れる事が効果的です。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

多層防御とは 図解サイバーセキュリティ用語

多層防御とは、複数の連続したセキュリティ対策によって攻撃を途中で食い止めるアプローチの事を言います。つまり、攻撃に対して効果的でないセキュリティ対策があったり、セキュリティ対策をバイパスするような攻撃 …

ドロッパーとは? 図解サイバーセキュリティ用語

ドロッパーとはトロイの木馬の一種で、ユーザがドロッパーの実行ファイルを実行すると、ウィルスをシステムにドロップ(生成)します。ドロッパー自体は不正な活動を積極的には行いません。しかもドロッパーはウィル …

デジタルタトゥーとは?

デジタルタトゥーとは、インターネット上で公開されたり流出した個人情報などは、後から消すことが極めて難しい事を入れ墨に例えた表現です。もしかするとインターネット上で拡散した情報を消すより入れ墨を消す方が …

ワンタイムパスワードとは 図解サイバーセキュリティ用語

ワンタイムパスワードは二要素認証の「ユーザが持っているもの(Something you have)」に該当し、解読不可能な規則によって表示される数字(トークン)をログイン認証の要件とする事で、ログイン …

Stuxnet(スタックスネット)とは 制御システムを狙った初のマルウェア 図解サイバーセキュリティ用語

Stuxnet(スタックスネット)とは制御システムを狙った初のマルウェアと言われています。20010年9月ごろにイランのナタンスにある核燃料施設のウラン濃縮用遠心分離機に誤作動を起こさせ、約8400台 …