図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

HTTP GET Flood攻撃 (F5攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月15日 更新日:

HTTP GET Floodは別名F5攻撃ともいわれます。F5とはキーボードのF5の事です。インターネットブラウザを表示している時にF5を押すとどのようになるかご存知ですか?今F5を実行してみてください。F5を押すと表示されていたWebページがリロード(更新)されましたでしょうか。つまり、Webページのデータを再取得するのです。

HTTP GET Flood攻撃の仕組み

以前はWebサイトに対して嫌がらせとしてF5を連打して大量のリクエストを送信してWebサイトのパフォーマンスを低下させたりする事件が多発していました。現在はF5攻撃は有効ではありません。Webサーバ側などで1つの送信元からの大量のリクエストに対して制限をかけるなどの対策がなされているからです。

HTTP Get Flood攻撃の解説

一方でHTTP GET Flood攻撃は事前にBotを多数の端末やサーバに不正にインストールします。そして、そのBotを使ってターゲットのWebサーバに大量のHTTP GETリクエストを実行するのです。HTTP GETリクエストにランダムなパス等を入れる事によって、リクエストが正常なものかHTTP GET Flood攻撃なのかの判断を行う事を難しくすることが多いです。この結果Webサーバは大量のHTTP GETコマンドを処理しきれず、遅延が発生したりダウンします。これがHTTP GET Floodコマンドの仕組みです。HTTP GET Floodは正常なHTTPリクエストを利用しますので、検知することが難しいという問題があります。

HTTP GET Flood攻撃の対策

いくつか対策がありますが、

  • 1つの送信元からの同時リクエスト数を制限する
  • Webサーバの前にキャッシュサーバを置く
  • Webサーバのスケールアップをする

などがありますが、これらを複合的に取り入れる事が効果的です。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

Wanna Cryptorで見るランサムウェアの仕組み

2017年5月12日に世界中で大規模なサイバー攻撃が発生しました。多くのコンピュータがWanna Cryptorと言うランサムウェアに感染し、感染したコンピュータのファイルを暗号化されてシステムやサー …

no image

危険なパスワード2017

調査会社のSplashDataが2017年の危険なパスワード100「Worst Passwords of 2017 Top 100」を公開しました。ひとまずランキング1位から10位を紹介します。 Ra …

SOC(セキュリティオペレーションセンター)とは 図解サイバーセキュリティ用語

SOCとはセキュリティオペレーションセンターの略で、「ソック」と呼びます。SOCのメインの業務はセキュリティの監視です。ITの世界では監視とはOSやデバイスのログを収集して異常なログを見つけ出しすこと …

諜報活動はOSINT、SIGINT、HUMINTの3種類が基本 図解サイバーセキュリティ用語

サイバー空間上の諜報活動にはOSINT、SIGINT、HUMINTの3つの種類があります。これらは元々軍事用語として利用されていましたが、現在のサイバー空間上の諜報活動は戦争での諜報活動と同じように行 …

レインボーテーブル(Rainbow Table)とは

レインボーテーブルとは、パスワードを解析するための総当たり攻撃を高速化するために、すべてのパスワード候補(文字列)に対するハッシュ値をあらかじめ計算して表にしたものです。このレインボーテーブルはパスワ …