図解サイバー攻撃 [Cyber Attack dot Net]

図解サイバー攻撃。サイバー攻撃・サイバーテロや情報漏洩などのサイバーセキュリティインシデントについて詳しくイラストで解説。

図解サイバーセキュリティ用語

DNSリフレクション攻撃(DNSアンプ攻撃) 図解サイバーセキュリティ用語

投稿日:2017年3月15日 更新日:

DNSリフレクション攻撃もしくはDNSアンプ攻撃はDoS・DDoSの一種で、DNSの2つの特性を悪用した攻撃です。まず一つ目はDNSサーバは問い合わせに対して必ず回答を行う事(リフレクション)。もう一つは単純な名前解決の問い合わせに対して、回答が大きな値となる事です(アンプ)。これらを悪用したDNSリフレクションは最近頻繁に観察されます。時々警視庁などのセキュリティ関連団体が警告を発信していますよね。ここではこのDNSリフレクション(DNSアンプ)攻撃について解説します。

DNSリフレクション(DNSアンプ)攻撃

DNSリフレクションはSmurf攻撃に良くにています。Smurf攻撃はICMPをリフレクションしていますが、DNSリフレクションでは名前の通りDNSの問い合わせ・回答を悪用した攻撃です。

DNSリフレクション攻撃、DNSアンプ攻撃の解説

まず、①攻撃者は脆弱なDNS権威サーバもしくは自分で設置したDNS権威サーバに大きなDNSレコードを登録させます。次に、②複数のDNSキャッシュサーバに送信元を詐称したDNSの問い合わせを行います。この時詐称した送信元IPは、ターゲットのIPを指定します。③問い合わせを受けたDNSキャッシュサーバはキャッシュを持っていないのでDNS権威サーバに問い合わせを行います。④DNS権威サーバは攻撃者が登録した大きなDNSレコードをキャッシュサーバに送信します。⑤そしてDNSキャッシュサーバはその大きなDNSレコードを詐称した送信元、つまりターゲットに送信します。ターゲットには複数のDNSキャッシュサーバから大きなDNSレコードが送信されますので、大量のリソースを消費してサービス停止・遅延等につながります。

広告

広告

-図解サイバーセキュリティ用語

関連記事

ワンクリック詐欺は無視する事が一番良い

ワンクリック詐欺とは、WebサイトにアクセスするとそのWebページに「申し込み完了」のような言葉と数万円ほどの「利用料金」を表示して、あたかもユーザがサービスの契約を終えてサービスを利用しているかのよ …

脆弱性診断とペンテストの違い 図解サイバーセキュリティ用語

脆弱性スキャンとペンテストを同じと思っている方も多いと思いますが、脆弱性を発見する所までは同じでもその後のプロセスが違ってきます。脆弱性スキャンは脆弱性診断とも言われますが、脆弱性を発見する事を重点に …

水飲み場攻撃 図解サイバーセキュリティ用語

水飲み場攻撃は標的型攻撃の1つですが、「標的」を装わないのが特徴です。通常の標的型攻撃はターゲットに対してしつこくフィッシングメールを送付したり、ターゲットのサーバをスキャンして脆弱性を発見して悪用を …

サイバーデセプション(Cyber Deception)とは おとりを使った攻めのセキュリティ

デセプションとは「だます」「欺く」という意味があります。サイバーデセプション(Cyber Deception)とは攻撃者をだます事を意味しており、ある工夫によってサイバー攻撃者を騙して攻撃者の情報を収 …

フィッシングメールとは 図解サイバーセキュリティ用語

最近良く聞く言葉の1つにフィッシングという言葉があります。会社でもセキュリティ部からアナウンスがあって「最近フィッシングメールが流行していますので、怪しいメールは絶対に開かないようにしてください。」と …